あなたにとって大事な場所が良くなる「あり方」について

Group Lessonメンバー向けに配信されている主宰者小津さんのメールレター。

メンバーにも好評のコラムを再編集した記事は2019年人気記事トップ10にもランクインしています。

今回はもっと人生を豊かに、良くしていく考え方のヒントについてお届けします。あなたの日常にも重ね合わせてみてください。

※2019年12月配信メンバー向けメールレターを一部抜粋し、編集部にて再編集を行っています。


心の中の「誰か」のために力を出していく

職場や家庭、日常といった、普段あなたが関わる場所はたくさんあるでしょう。その中であなたが温かさや強い気持ち、良い思いを持って関わると、そこには良い影響が生まれます。

私がその場所から何を得られるか?というようなスタンスだと、案外何も得られない。

あなたが誰かのために、あたたかくて強い気持ちを出して、頑張れるのが良いのだと思う。

自分のためではない、誰かのためですよ。

日頃からあなたの心にその「誰か」が存在していて、力を出したい時、何かを成し遂げたい時に「あの人のために」と、思い浮かぶような関係づくりをしないといけない。

そうでないと、あなたの心の中には「誰もいない」状態になってしまう。「自分のメリットのために」力を出す状態になってしまう。

「この人のために」とか「この人たちのために」と力を出せる存在が、あなたの心にどれくらいいるのか?

それを実力と言ったりします。

あまりそういう存在が心にいないこともあるでしょう。 それを人のせいや場のせいにするような人もいる。

でもそれは心の寂しい人だから、あなたはならないで欲しい。

そういうレベルで関わる人生はやめた方が良いでしょう。

あなたにはいつも選択肢が無限にあります。

心の中に今、あまりそういった「誰か」がいない人は、今からでも心を入れかえればいい。

今からでも思い浮かんだ誰かのために、あなたから良い気持ちを集めること。

大事な場に関わる時こそ、そうやって自分から気持ちを出しながら、持ち寄ることが大切です。

(終わり)


小津 剛さん
 メンバー制勉強会Group Lesson主宰。早稲田大学在学中から参加していた人材研修ベンチャー企業で20代を過ごし、メンタルセミナー講師500回以上、合宿研修でのべ4000人以上の指導、20代前半までの女性を中心としたメンタルマネージメントの個別カウンセリングでのべ15,000人以上と面談、スタッフ育成プログラムの専属コーチとして300人以上の大学生を継続指導。
その圧倒的な経験をもとに、独立後はマンツーマンのメンタルコーチ、向上心のある女性中心にパーソナルコーチングを提供。2011年からメンバー制女性勉強会『Group Lesson』を主宰。ほぼ一般公開せずに紹介や口コミでのべ5400名以上が参加、20代から40代の働く女性を中心に、大きな支持を集めている。