結婚への不安を乗り越え、もっと相手を大切に思えるようになった。

それなりに楽しい社会人生活。「なんとなくこのまま生きていくんだろうな」と思い過ごしていたという真衣さん。

色んな学びを得て、未来をワクワクしたイメージを描き続け、今をどう過ごしていけばいいか考え実践していくことで、人生、パートナー、仕事に対するする考え方がガラリと変わったそう。そんな真衣さんに当時の想いや変化のきっかけなどを中心にインタビューしました。

真衣さん

社会人11年目。大学卒業後、大手保険会社に事務職として入社。保険代理店などの企業に対して登録業務手続きなどの管理を担当しながら、営業部からの問い合わせ対応も行う。最近では業務改善やシステム設計関連に携わている。Group Lessonには2019年2月から参加。


*インタビュアー 杏:Group Lessonメンバー。PR会社で営業職として勤務。2年前からGroup Lessonに参加。

周りからの影響を受けていた学生時代

ー今日はよろしくお願いします!真衣さんの幼少時期から学生時代まで色々聞きたいです。

幼少期の頃はあまり覚えていないんですが、人見知りで「母親から離れたくない、幼稚園にいくのは嫌だ」と言っていたそうです。(笑)

母親は社交的だったので母親の繋がりで友達は出来て、そのまた友達の繋がりで少しずつ輪が広がっていきました。でも、その場その場で話はできても、自分から発信することはなかったですね。

―そうだったんですね。周りに影響されることが多かったんですかね。

そうですね。自分で考えて何かを決めてやることがなかったかもしれないです。大学も母親の影響で母親の母校を志望していましたし、就職活動も母親が勤めていた半導体の会社や業界を中心に面接を受けていましたね。

―お母さんからすごく影響を受けているんですね。

大学と就職活動は私が幼少期の頃から聞いていたのでその影響ですね。母親は自主的に動く人で趣味も沢山あり人脈も広いので、とにかく楽しそうに生きているのを見た時にそういう風に生きるのいいなって思って。

でも、自分のやりたいことが分からず、今までちゃんと考えたこともなくて、「自分には能力も何もない」って思ったんです。そこから自分の興味があることをやったり、仕事に役立つ資格とか、色んなことをやろうとしたんですが、どれも中途半端になってしまったんです。

やりたいことは見つけられなかったけど、「このまま普通に生きていくのがいいのかな。生きていくんだろうな。」と思い過ごしていたんです。その考え方を見つめ直すキッカケになったのが、Group Lessonのクリスマスパーティーでした。

ーそうだったんですね。真衣さんはGroup Lesson初回(2012年)のクリスマスパーティーに参加されたんですよね。その後も何度か参加されたとか。

はいそうなんです。過去何度か友人と一緒に参加していました。実際参加すると非日常の空間で、その場の空間に参加できることが楽しくて。

提供される料理や雰囲気など、とにかくその場が「凄い」と感じていました。あとは6年前の公開講座にも一度、参加していました。

ー実際講座に参加されてみてどうでしたか?

同世代の方の体験談を聞いていたのですが、「凄い」と感じて自分とは違う人達がいる場なんだろうなと思いました。

そして昨年のクリスマスパーティーにも友人と一緒に参加する予定だったんですが、友人が参加出来なくなったので、私一人で参加することにしたんです。

Group Lesson クリスマスパーティーの様子

ーおぉそうだったんですね!いつも誰かと一緒に行動していることが多いと聞いていたので、一人で参加されるのは意外だと感じました。

そうですよね(笑)友人が一緒に参加できなくなったので一人での参加は迷いました。

でも友人がいないと参加できない自分って何だろうとか、そういう場に行かないと自分自身も変わらないと思ったんです。それで一人での参加を決意しました。

当日は真里さんが気にかけてくださってお話させてもらい、楽しく過ごすことができました。

相手を理解し、未来を描ける人に

その後、真里さんとお話させて頂く機会があり、当時結婚前提にお付き合いしていた彼との関係性や結婚に対する不安を少し相談させてもらったんです。

(左)真里さんと(右)真衣さん。

そのときの私は彼のマイナスな面ばかりを真里さんに話していたんですけど、真里さんは全く全然別の視点から彼のことを見ていたんです。

「彼に会ったこともないのになんで人のことを理解できるんだろう」と思い、またそれを前向きな方向に変換してくれて。真里さんも言ってる彼と私の未来に自分も「こんな未来があるかもしれないんだ!」と可能性を感じられたんです。そういう考え方や、人のことを理解できるようになりたいと思いそのままGroup Lessonに参加することにしました。

当時動画や音声ダウンロードに制限がある携帯を使っていたのですが、Group Lessonに参加すると決めてからは、講座の音声やGLラジオが聞けるように、すぐに携帯も買い替えました(笑)

Group Lesson基礎クラスに参加した真衣さん(一番下中央)

ーそうなんですね(笑)「変わりたい」というスイッチが入り、行動が変化したんですね!

はい(笑)それで、実は…その彼と9月に入籍しました。

ーおお!おめでとうございます!

ありがとうございます!でも最初は葛藤や失敗がたくさんありましたね。

「気づき」と「葛藤」

今まではその彼の言動が全然分からなかったんですが、今の状況は自分が生み出しているとか、相手の大事なものを大事にする、など学んだことを振り返ってみると、彼は私の大事にしていることを同じように大事に思っていてくれたことに気づきました。

でも、なかなか彼の考えをポジティブに捉えられなくて、全ての会話に対してマイナスに捉えてしまい、次第に「自分も負けたくない、強くなろう、言われたら言い返してやる」となってしまったんです。

会話をしてる中で、自分が否定されてると感じた時は、相手をどんどん否定していこうって思い、自分が強く出るようになったり…。

とにかく「負けたくない!」というのがあって、彼の言い方や態度、全部否定して受け入れることをしませんでした。一回、敵と思ったらそうとしか思えなくて、それを周りに言うことによってどんどん彼を悪者にしていました。

まさにGroup Lessonで紹介された本『自分の小さな箱から脱出する方法』に書いてある「箱に入っている」状態でしたね。

Group Lesson推薦図書『自分の小さな箱から脱出する方法』

💡「箱に入っている」とは
自分の問題がみえなくとにかく自分を正当化して、相手を攻撃して落とし込もうとする状態。

私が良くしようとしてやったことに対して、思っていた反応が返ってこなかった時は、「私は良くしようとしたのに」とか「私が努力しているのになんで喜ばないんだろう」とか全部自分中心に考えていました。

でも私がやっていることは彼が望んでいることではなく、自分が勝手に判断してやっていたことなので、それは彼も喜ばないなと感じました。二人の未来をイメージして、本当に彼が喜ぶことってなんだろうって相手のことをちゃんと考えるようになりました。

未来をイメージし、相手を受け入れていく

―そこからいまはどう変化しましたか?

彼の言葉とか態度に対して、苛立ちもなくなりました。自分のものさしで計ることがなくなりましたね。

彼の言葉を受け入れられ信用することが自然とできるようになりました。今までは本当の気持ちを言いたくても言えなかったのが、ちゃんと彼と向き合って言えるようになり、彼と過ごす時間がすごく楽しくなり、彼が喜ぶことは何だろうと考えることが楽しいです。

―すごい変化ですね!彼の立場になって考えて行動していったことで変化したんですね。

私も驚いています(笑)彼の存在の大切さを感じています。Group Lessonで学ばなければ、こんな風になっていなかったのかなと思います。

考え方を変えていくことで現実が変わっていく

―あと友人関係にも考え方の変化があったとか。

そうですね。友達が何かに悩んでいた時は、どうにかしてその人の気持ちを上げようみたいな気持ちが強くて。「そんなこと悩まなくて大丈夫だよ、楽しいことはいっぱいあるよ」というような接し方をしていたんですけど、その発言もおかしいなって思うようになり。

その場の状態をとりあえず良くしようとして、明るくしていたんですが、そういう取り繕った感じは止めようって思い、接し方を意識して変えるようにしています。

相手が本当に思っていることや、言葉では言ってるけど実はそうじゃないこともあるから、もっと感じられて受け取れるような人になっていきたいです。

Group Lessonでスタッフの香織さんに面談をして頂いているのですが、私の話を聞いて何度も問いかけてくださったことで、自分のことが徐々に分かってきたり、私が進もうとしている方向を修正してくれて、自分の考え方や方向が変わりました。

(左)担当スタッフの香織さんと(右)真衣さん

香織さんが私に関わってくださったように、相手のことを想い接していくことで良い方向に変えていけることができるんだなとわかり、自分の家族や友達にも同じように接することができる人になりたいと思っています。

―素敵ですね!そんな想いを持ちながら関わることで、さらに周りとの関係性は変化していきそうですね。

仕事を通して社会を良くしていくことに繋げていく

ーそして、仕事に対する意識もガラッと変わったとか。

そうですね。以前は仕事にやりがいを見つけることが出来なかったんですが、『世の中の為になることをやる』ということを学んだ時に「私は今の会社に11年務めていて、会社の為に何ができていたんだろう。全然できていなかった。」と思ったんです。

それで、自分の仕事が社会にどう繋がり、良くなっていくのかを考えながらもっと意識を持って仕事をしたいと感じ、今はそれを実践しているところです。

ーいいですね!イメージして仕事に向き合うことでさらに良い変化が生まれそうです。

これも不思議なんですけど、仕事をする中で、もっと会社に貢献していきたいと思うようになりました。とにかく受け入れて、一生懸命考えて考えてやっていると、アイディアが思い浮かんだり、やってみると意外とちゃんとできるんだなと思うと、仕事も楽しくなりました。

―大きな変化ですね!何か変化したエピソードはありますか?

はい。前は就業前ギリギリに出社していたんですが、今は早めに出社して、新しい案件の場合は資料の読み込みが足りない所を読んでいます。

会議の時に内容が頭に入っていると、自分ができないと思っていたことも、ちゃんと資料を読んで準備して臨めば、わかるようになり「自分できるじゃん」っという感覚が嬉しいですね。

ーうんうん。話をしている真衣さんもイキイキしているのが感じられます!これからどんな風にしていきたいとかありますか?

これからは職場で、後輩や同期など、もっと周りの人と繋がりをもちたいと思っていて、そういう場を自分から作っていきたいです。

ー今日はありがとうございました!

未来を強くイメージして、その為にどうなりたいか?今の自分のどんな点が妨げになっているのか?考え実践していったことで、周りとの関係が好転していった真衣さん。これからも楽しみです!
 

☝なりたい未来を実現していくヒントや人生において大切な考え方について学べる講座「Group Lesson渋谷の学校」の開催日程が決定しました!

  • 本当はもっとチャレンジしていきたいと思っているけれど、どうしたらいいのかわからない。
  • 未来を自信をもって選んできたいと思っている

など、目の前の状況に対して考え方や捉え方を変えることで人生はどんどん良くなっていきます。

NEW! 10月26日(土)10:00~12:00頃 
「セルフイメージを変えて未来を良くする方法」

講座の最新情報は下記のバナーからどうぞ!