大切な人たちとより良い関係を作るために。いつでも、どこからでも自分次第で状況は変えていける。

家族や旦那さん、お子さん。恋人や友人、職場の人たち。
大切な人たちとどんな風に関わったら良いのか、思い悩むことは誰しもあるのではないでしょうか。
今回は、大切な人たちとより良い関係を築き、強い信頼関係を結び続ける秘訣に迫ります!

話してくれるのはこのメンバー

麻帆
大手通信会社の営業アシスタントとして、ネットワーク開通の営業サポートに携わる。社内では高いホスピタリティが評価され、高評価を受ける。現在育休中。職場で出会ったご主人とは結婚4年目、2018年9月にお子さんが誕生。

自分の状態を整えることから始まる

ー麻帆さん、今日はよろしくお願いします!お子さんとの関わりや、旦那さんやご家族との関係も含めて、色々と聞かせてもらえたらと思います!最近はどんな感じですか?

今は24時間子育てみたいな感じですね。最初の頃は、子育てに対して「すごく大変で忙しいんだろうな。外出も控えないといけないし、自分の時間も全然なさそう…」という、イメージを持っていたんです。

実際に自分が子育てをするようになって、思ったより意外と大丈夫なんだと感じて。でもそんな状況も楽しんでやれている感覚があります。

ー最初のイメージと実際は違ったんですね。

はい。産んで改めて、自分がどういう状態で子どもと関わるのが良いのかをイメージすることがすごく大切なんだということを実感しました。

私が疲れていたり、余裕がない状態で子どもに接すると、子どもにもそれが通じるんですよね。最初の頃は、うまくいかなかったりすると、「もういやだー!」という感じになることも多かったんですけど(笑)そんな時こそ、自分がどういう状態で過ごしたら良いのかイメージをしています。子どもにとって「どんなお母さんが良いんだろう?きっと笑っているお母さんがいいだろうな」とか。

どんなに余裕がなくても丁寧に、おおらかに接してあげたいなと思って修正をしていったら、段々と楽になってきました。

ーそんな風に自分の状態を整えて、お子さんと関われた方がいいなと思えたのには何かきっかけがあったんですか?

Group Lessonで「自分の状態は自分で整える」「今の現状は自分がすべて作り出している」ということを学んで。

自分の「嫌だな」と思う気持ちや「なんとなくしんどいな」という感情を、自分でコントロールできるんだ!ということを気づけたのがとても大きかったです。

ーすごい。そうだったんですね。

今までは仕事でGroup Lessonで学んできたことを活かしていたのですが、子育てにも活かしています。

子どもが生まれたばかりの時はへろへろになることもあったけど、その中でGroup Lessonに触れる機会を大事にしていました。できる自分を呼び起こす感覚というか…。自分がどうなりたいか、方向性を修正していくみたいな感じですね。

ーなるほど!

そんな風に自分をセットアップすることで子育てが上手くいっているんだと思います。

Group Lessonのママ同士の繋がりもすごく良くて。やり取りを通じて自分のことを客観的に、俯瞰して見ることができました。そこでまた「よし!」と、自分の気持ちを入れ替えたり。 

旦那さんとどんな未来を作っていきたいのか、思い描き続ける

ー旦那さんとの関わりはどうでしょうか?

旦那さんとの関わりはどんどん良くなっている感じがあります。最初はゼロ、というかマイナスからのスタートでした。

講座に通っているうちに「相手の宇宙(相手が持つ世界観や価値観)を理解する」ことを学んで。「二人でどんなふうになりたいのかな」という、未来の良いイメージをたくさん持てるようになりました。

旦那さんと話をする時も、どんな自分でコミュニケーションを取るのか意識して関わっていました。それをやり続けていくうちに、旦那さんから返ってくる反応もどんどん良くなっていった感じです。

昔は想像もできなかったくらい育児に協力的になってくれました。旦那さん一人で終日子どもと一緒に過ごしてくれたり、子どもと二人だけで抱っこ紐で電車に乗って出かけたりもします!

ーそれは素敵ですね!旦那さんのことを理解するためにどんなことをしていますか?

旦那さんとこれからどうなりたいのかを、頭の中で問いかけ続けています。

旦那さんからぱっと何か言われて、すぐに反応で返したくなる時もあるんですが「この人とどうなりたいのか」を一度立ち止まって考えています。旦那さんとこういう関係になりたいなら、「ここでこう言うべきではないな」とか「こんな言い方した方がいいな」とか。

何か起きそうになった時は立ち止まって、ひたすら未来を思い描いて、ということをずっとやってきています。

ーそうなんですね!具体的にこんなことがあった!というエピソードはありましたか? 

旦那さんにはとっても好きな趣味があるんですが。平日はもちろん、それこそ私の妊娠中や産後も自分の大好きな趣味なので、いつも通り好きにやりたい!みたいな感覚で(笑)

昔の私は「家でごはん食べる回数よりも趣味に行く回数が多いのはどうしてなのー!」という感じで、毎回すごくイライラしてました。

でも旦那さんにとっては、趣味をしている時間はとっても楽しいんですよね。それをやっている状態の方が彼にとって幸せなんだろうなと思って。

自分の感情で「何で帰ってこないの」とか、「遅い!」とか言いそうになる時もあるんですが。そこを一度踏みとどまって、旦那さんの思いを一度受け止めるようにしています。そんな風に関わっていると、旦那さんも家に帰ってきやすいみたいです(笑)

旦那さんが帰ってきてから、タイミングを見て「今日少し遅くなかった?」と伝えることもあるんですが。それよりも彼が心地よく過ごせる状況を作る方向に、自分を持っていくようにしています。旦那さんは重い雰囲気とか堅い話し合いになることがとても苦手なので、そうならないよう気をつけたり、タイミングや相手の状況をしっかり見極めるようにしています。

ーその気持ちが旦那さんに伝わっているからこそ、旦那さんも家に帰ってきやすいいんでしょうね。

はい。そういったやり取りがあるから、今回もそうなんですが、子どものことを気持ちよく預かってくれるんだろうなと思います。(※インタビュー当日、麻帆さんの旦那さんがお子さんを一人で見ていてくれました)

旦那さんとのコミュニケーションがスムーズになったと思います!

ー自分の感情よりも、まず相手の状態の良さや居心地の良さを考えて受け入れるところがすごいなと思いました。

前の自分だったら、人と比べての理想の形を考えていたけど、今は私たち夫婦のスタイルで、穏やかにいけたらいいなと思います。子どもにも、お父さんのこと大好きでいてもらいたくて。

例えば、旦那さんが帰って来た時に、まだ子どもは小さくて言葉は分からないと思うのですが「パパ帰ってきたね。良かったね!」と声をかけるようにしていて。子育ての中で、お父さんの登場回数はお母さんに比べて少ないけれども、その中でも旦那さんと子どもの関係が深くなるように間に入ることができたらと思っています。

そんな風に奥さんが関わってくれていたら、旦那さんも積極的に子育てに関わりたい!と思いますよね。

子どもを通しておじいちゃんおばあちゃんなど、周りに集まってくる人も増えてやり取りが増えました。

私の父は今名古屋にいるんですが、初孫で可愛いみたいで突然来たりするんですけど(笑)孫に会いたくて会いたくて来てしまう、そういう父の気持ちも大事にしたいなと思います。

自分なら何があっても大丈夫、何があっても変えていける

ー麻帆さんはどんは自分でありたいと思って周りと関わっているんですか?

人を深く助けられる自分になりたいです。表面的ではなく深い部分で関わって、相手の深い部分にある大切に思っていること、苦しんでいることにアクセスができるような自分になりたいなと思っています。

これは最近、Group Lessonのスタッフの愛子さんと面談している時に気づいたことで。愛子さんがそういうことができる人になりたいと話してくださって。その時に私が今まさに目指したい姿はこれだ!って思いました。

愛子さん(真ん中)と麻帆さん

最近、家族が病気になって。決して軽くはないもので、一緒にいられる時間が限られてしまって。中々思うようにならない状態が続く時に、本人はとても辛いし、悲しくて悔しい気持ちでいっぱいになっていて。

私は病気を治すことはできないけど相手の心に寄り添う、気持ちの部分で深く支えとなれるような存在になりたいなと、改めて強く思っています。

ーそんな麻帆さんが近くにいること、ご家族はきっと心強く思われていると思います。

深く寄り添って、少しでも救いになれるようになりたいです。

ー妹さんとの関係にも変化があったと聞きました。

兄弟が4人いて私が一番上なんですが、最近真ん中の妹が転職活動をしていて悩んでいることを知って。

彼女はいつも職場のことで苦しんでいるイメージがあって、その時に話をしたら妹が心を整えるための本を読んだりして、自分のことをセットしようとしていることを知りました。自分なりに頑張っているけど、不安を感じていることも知って。

それまでは妹との関わりの中で、うまく伝わらなくてもしょうがない、みたいな気持ちがあったんです。でもGroup Lessonに通う中で家族なのに、家族だからこそ、知らないことも多かったり深い話ができていないことに気がつきました。

相手がなぜそういう受け止め方をしたのかとか、家族だからこそスルーしてしまっている部分があるなと思って。そこはもう一度丁寧に向き合っていきたいなって思いました。

家族は一緒にいて楽な存在だし、自分の気持ちが出やすいのでつい反抗してしまったり。逆に自分の気持ちを出さずに心の中だけで思ってやり過ごしてしまったり。何も考えずに好き勝手やってきてしまったなと感じました。実は以前、妹と2年間くらい口を聞かないくらいの大喧嘩をしたこともあったんです(笑)

ーえ!!(笑)想像がつかないです!

なので今こうして妹と色々話ができて、気持ちが通じ合っている関係になれて良かったなと。大事な妹と深い部分で関われる関係になれて本当に良かったと思うし、有り難いなと感じています。

ー素敵ですね。最後に今後目指していることがあれば教えてください。

先にも触れた、人を深く助けられる人になれたらいいなと。そしてこれから子育ての中でも色々なことが出てくると思うけど、それを楽しんだり、わくわくする自分でいたいし、そんな家庭を作りたいなと思っています!

Group Lessonで、どんなことがあっても自分でひっくり返していけると学んできたので。何かあっても大丈夫だし、どんな時でも、どんな状況でもそこから変えていけるって思っています。そういうことを子どもにも伝えていきたいです。

たくさんの素敵なエピソードを聞かせていただき、ありがとうございました!

  麻帆さんの前回の記事はこちらから。 

(書いた人:智与、協力:真里、小百合、あゆみ)


〜人生をひらく考え方の基礎講座〜渋谷の学校の10月開催予定です!

  • もっと良くなりたいと思っているけど、どうしたら良いのか分からない
  • 忙しい日常に追われてしまっているからこそ、立ち止まって考えたいと思っている

そんな時、Group Lessonの学びをダイジェストで体験できます。

●10月26日(土)10:00~12:00頃 
テーマは「セルフイメージを変えて未来を良くする方法」です。

※テーマは参加者や運営上の都合で変更となる可能性があります。

講座の最新情報は下記のバナーからどうぞ!