苦しい恋愛をやめて、幸せになるための出会いを引き寄せた取り組みとは?メンバーインタビュー

今回は2019年1月~6月アクセス数トップ5の記事のひとつである2018年12月に掲載された愛子さんのインタビューを再編集してお届けします。

自分に自信がなく付き合えば付き合うほど辛い恋愛をしてきたという愛子さん。「このままの自分じゃかっこ悪い!」と考え方を変え、出会う相手や関わり方にも変化があったそう。

後半では今年4月に育休復帰し仕事と家庭との両立をしている愛子さんに近況をお聞きしました!

愛子(あいこ)さん

大学卒業後、新卒で大手通信企業の広告会社へ入社し、営業として年間売上MVPを獲得するなど活躍。その後、有名Webサイト運営会社に転職し、広告営業に携わる。プライベートでは2018年4月にお子さんを出産し育休を経て今年4月から職場復帰した。Group Lessonには初期から通い続け、スタッフとして運営にも関わっている。


*インタビュアー:Group Lessonのメンバー、麻里奈(まりな)。教育系企業や人材ベンチャー企業で幅広い業務に携わり、現在ではさらなるレベルアップのために教育系ITベンチャー企業への転職を果たす。


自信のない自分。毎回苦しくなる恋愛ばかりだった

―今回は愛子さんの恋愛や結婚生活について聞かせてもらいたいと思っています。Group Lessonに参加してから仕事だけでなく恋愛もうまく行き始めたという話を聞きました。もともとはどんな感じの恋愛をしてきたのですか?

今の旦那さんに出会う前は、毎回苦しくなる恋愛ばかりでした。「俺より上にくるのは許さない」というようなオレオレな感じの人が多くて。大学生のときに付き合っていた人は、私が3歩下がってついていくような関係で付き合えば付き合うほど辛くなっていって。

彼にそうしてほしいと言われたわけじゃないけど、それくらい自分に自信がなかったんです。

―それを変えたいなと思ったのはいつ頃からですか?

前に付き合っていた人と一緒に暮らしていた頃に、Group Lessonが始まりました。講座の中でセルフイメージ(*)の話があって、女性は自分のセルフイメージを上げてくれるような男性と付き合ったほうが良いという話を聞いて、「なるほど!恋愛も同じなのか!」と思いました。

*セルフイメージ自分に対する自分の意見のようなもの。例えば「私は〇〇ができる」というポジティブなものや、「私は〇〇が苦手」というネガティブなものがある

結局彼とはうまくいかず、私から別れを切り出しました。結婚しようかなと思うくらい好きだったけど苦しすぎてやっぱり結婚できないと思ったんです。その時はもう人生のどん底で、電車の中や仕事の合間など一日中泣いていた気がします(笑)。

なりたい自分だったらどう行動する?相手を理解することの大切さ

―なかなかうまく行かない恋愛、どうやって乗り越えていったのですか?

「いい加減このパターン飽きたな」と感じたんです。仕事ではGroup Lessonで学んだことを取り組んでみたら、だんだんうまく行くようになって。ついに恋愛の方を変える時が来たか!という感じ。

でもその頃もまだ結構ぐずぐずしていたんです。「前の彼とまた戻りたいな・・・。なんで別れたんだろう・・」と考えていました。

そんな中ある日小津さんから、「いつまでそこにいるの?一生そこにいたいならそのままでもいいけど。」と言われたんです。

その時「自分、かっこわる~!」って思って!もともとかっこいい女性になりたいと思っていたから、自分はそんな女性でいたいわけじゃないなと強く感じました。

講座の中でも、「人は同じレベルの人としか出会えないから、上のレベルの人と出会いたいなら、まず自分のレベルを上げること」という話があって。

そこからそれまで以上に講座の復習をしっかりやるようになったし、土日はカフェで『7つの習慣(※Group Lessonの推薦図書のひとつ)』をずっと読んでいました。

 

一般の方も参加できる公開講座ではGroup Lessonの学びを活かした自身の体験談を話すことも。

―そこからどんなことに気が付いたのですか?

「まず理解してから理解される」という原則の大切さに気付きました。私は恋愛において、自分をわかってほしいという気持ちが強くて、相手のことを理解しようとはしていなかったんだと思います。

当時一緒に住んでいた彼と、2年間ほぼ毎日一緒にいたのに、相手のことをほどんど理解していなかったなと気付いたんです。

考え方を変えたら出会う人も変わっていった

―考え方を変え始めて、次の出会いはどうやって訪れたんですか?

その次に出会ったのが今の旦那さんなんですけど、実は考え方を変え始める前から彼とはすでに出会っていました。だけど、その頃はあまりタイプじゃないと思っていて。

自分がどんな恋愛をしたいのか改めて考えたときに、ジェットコースターのような恋愛ではなく、もっと穏やかな恋愛がしたいんだと思いました。そうやって意識が変わっていく頃に、ちょうど彼から連絡が来たんです。

彼はすごく優しくて穏やかな人で、これまでの自分だと選ばないようなタイプの人だったけど、「こういう人と出会いたかったんだな」と思って、付き合うことになりました。

家庭の中でも相手のことを考えて行動する

―付き合ってからは順調に結婚まで進んでいったのですか?

結婚するまで1回もけんかをしたことがありませんでした。相手が穏やかな人だったし、「ごめんなさい」「ありがとう」という気持ちをきちんと伝えることの大切さを感じて、実践していました。

また、それから相手がなぜそれをしたのか?と考えたり、相手が自分だったらどう行動するか?と、相手の状況や気持ちをきちんと理解しようと意識しました。

子どもが産まれてからは自分に余裕がなくなってしまって、「これしてよ!」とか言ってしまうこともありますけどね。だけどその度に、これじゃいけないと立ち止まって、相手のことを理解するように意識するようにしています。

あと子どもに意識が向いてしまうと夫婦で話す時間があまりないので、夜ご飯はきちんと作って、一緒に食べて、2人で話す時間を取るようにしています。そして感謝の気持ちは頻繁に伝えるようにしていますね。

初めての子育てでぶつかった壁

―お子さんが産まれてから変化はありましたか?

子育ては慣れないことばかりでした。寝られないし、自分の時間が全くないんです。そういう時に「自分が我慢している以上に、実はまわりの人も我慢してくれているものだ」という話を思い出したりして。

それまでは自分ばかり我慢してると思っていたけど、本当は旦那さんも我慢してくれているのかなと思って、小さなことも感謝するようになりました。

―旦那さんの変化はありますか?

子どもを一番に優先してくれるようになりましたね。それにお互い余裕がないときだからこそ、相手を思いやる必要があるなと感じています。

以前、子どもが深夜に高熱を出して入院したときは本当につらかったですね。ご飯もろくに食べられず、シャワーも浴びられず、眠ることもままならなかったです。でも旦那さんは何も言わずに頑張ってくれていました。

お互いそれぞれ母親、父親の役割があって、相手がやってくれたことに素直に感謝するようにしていました。あの時は大変だったけど、おかげで夫婦仲は強まったかなと思います。

いらいらしたり、けんかもする時もあるけど、毎月振り返りをして、来月はもっと感謝の気持ちを伝えよう、相手を責めないようにしようと目標を決めて実践しています。

出産後は娘の心瑚(ここ)ちゃんと一緒にGroup Lessonの講座に参加しています。

出産を経験してGroup Lessonとの関わり方にも変化が。

―お子さんが生まれてから忙しい毎日だと思いますが、Group Lessonとの関わり方について教えてください。

子どもが生まれる前は毎月参加できたし、スタッフとして面談なども担当させてもらっていました。そこから一歩引いた今の立場で思うのは、毎月集まれること自体がすごい価値だなということ。

あと親になってから世界の見え方が大きく変わりました。たとえば、ママになったメンバーは毎月こんな思いで来ていたんだと分かったし、それまでの自分は全然気遣えていなかったと感じたり。

それから自分はこんなに家族から大事に思われていたんだなと思うようになりました。そしてみんながそれぞれ誰かのとても大切な人として生まれてきてこの世に存在しているんだとわかりました。

だから、そんな誰かの大切な存在である目の前の相手に対して、自分もそういう風に接していきたいなって思うんです。

たとえば、親との関係で悩んでいるメンバーがいたら、自分が親になったからこそ伝えられたりすることがあると思うし、今までとは違った関わり方ができるんじゃないかなって思っています。


今年4月から職場復帰した愛子さんに近況を聞いてみました。

仕事と家庭の両立で忙しい愛子さん。メールで近況を聞いてみました。

ー4月に職場復帰したんですよね。仕事と家庭との両立はどうですか?

育休前は広告営業の仕事をしていましたが、復帰後は外部の人と接する内勤よりの仕事をしています。

復帰してからは、想像していた以上に大変だ!というのが正直な印象ですね。

子供の体調不良で仕事を休むことも多かったり、また自我が芽生え変わっていく子供を相手にしていると日々のいろんなことがスムーズに進まないことばかりです。

でもそういう状況だからこそ、周りの人から応援してもらえるような信頼関係を作ろうと意識して行動しています。

ー旦那さんやお子さんとの関わりの中で変化はありますか?

4月に職場では復帰してから、あまりの目まぐるしさと自分の時間が本当になくなってしまったことで、余裕がなくなってしまい、ぶつかり合ってしまう時もあります。

  正直日々課題にぶつかっている状況ですが、そういう時だからこそ改めていい関係をつくるために、自分の行動や選択を修正しています。

 ーそうなんですね。仕事と家庭とそれぞれ忙しい中でどんなことを意識して過ごしていますか?

「相手のためになにができるか?」「自分の役割は何か?」を意識しています。
 
育休復帰後は、育休前とは違う部署に配属になったため、人間関係も全ていちからという状態でした。

だからこそ、とにかく信頼関係を作る!ということを意識して、まわりの人の役に立てるように意識しています。

ーこれから仕事や家庭でどうしていきたいと思っていますか?
 
家庭では、旦那さんとの関係づくりでまだまだ課題がたくさん見えているので、一歩ずつ良くしていきたいと思っています。子供が産まれてからは、本当に日々修行だなと毎日思っています!

  仕事でも家庭でもやはり「自分になにができるか?」を大事に関係を作っていきたいなと思っています。いいエネルギーがどんどん波及していく関係を作っていきたいです。  

ー仕事と家庭の両立という大変な状況だからこそ、自分ができることを意識して日々チャレンジしている愛子さんの近況でした。ありがとうございました!


  • Group Lesson「渋谷の学校」公開講座開催中!
    仕事もプライベートでも人生がどんどん良くなっていく大切な考え方を学べます。
    詳しくはこちらから。

  • 仕事や恋愛がもっとうまくいくようになったメンバー体験談はこちらから。過去500以上のコンテンツからエピソードを厳選しました!