本来の自分の力を発揮することで周りも自分も良くしていく。メンバーインタビュー

子どもの頃から控えめな性格で、自分の気持ちも中々言えずにいたという志歩さん。周りの人たちに引っ張ってもらうことも多かったと話す志歩さんですが、昔から自分はもっとやれる・もっと出来る、という気持ちはずっとあったと言います。

今回は志歩さんが今まで発揮出来ずにいた自分のパワーをどうやって取り出していけるようになっていったのか、その変化に迫ります!

話してくれるのはこのメンバー

志歩
大学進学を機に富山から上京。大学卒業後、大手信託銀行へ入社し現在社会人4年目。現在、個人向けの営業職として勤務。Group Lessonへは2年前から参加し、講座の運営を行うなどスタッフとしても活躍中。

ー今日はよろしくお願いします!さっそくですが、志歩さんは小さい時はどんな子でしたか?

どちらかというと、人の輪に中々入っていけないような、大人しい子どもでした。自分から主張したり積極的に関わっていったりするというよりは、誰かから助けてもらってその場にいさせてもらう、という感じで。考えたり思ってることはたくさんあっても、言葉にできなかったり言えずにいることも多かったです。

ーその頃、志歩さん自身はどんな風に自分のことを思っていたんですか?

大人しいながらも、何かで一番になりたい!と思っていました。勉強して良い成績を取ると、周りからすごいね!と言われるので、小さい頃から勉強をすごく頑張っていました。大学受験を控えた時は、 1日12時間以上勉強したり…。

ー12時間!それはすごいですね…!

その頃は学歴が全てだと思っていて。大学も国公立に進学すること=幸せになること、すごいことだと信じていました。

だから、大学受験が上手くいかなかった時は精神的にきつかったですね。ちょうど東日本大震災も重なって、後期試験も受けることができなくて。

ーそれは、とても大変でしたね。

はい、でも今思うと考える余裕がなかったのが逆に良かったのかなって。行きたかった大学に行けなくて落ち込んでいたら、母親が東京の大学への進学を勧めてくれて。

私の地元は富山で、元々の第一志望は大阪の大学だったんですが、なぜか子どもの頃から自分は東京にいるはずだ!思っていて。特に何の根拠もなかったんですけど…(笑)

ー何かきっかけはあったんですか?

小学生の時に原宿に連れて行ってもらった時があって。子ども心に東京ってすごいところだな、魅力的な場所なんだなって感じました。

その時、将来私は東京にいるんだろうなって思ったんですよね。今思うと自分はもっと大きくなりたい、もっと成長したいってその頃から強く思ってたんだろうなって思います

それから東京に行きたい!と親にも話していて。親も、今まで勉強頑張ってきていたし、私の行きたいところに行かせてあげようって送り出してくれました。

ー上京した時の志歩さんはどんな気持ちでしたか?

その当時は、東京に進学を決めたのが本当に間際だったので。色々勢いで進んでいったので、正直あまり考えてる暇がありませんでした。

でも、小さい頃から自分はこんなものじゃないというか、もっと色々できるはず!という気持ちはずっとあって。だからもっと自分の力を発揮したいなって思っていたし、目立たない自分から輝ける自分になりたいと思っていました

それと同時に、自分に自信が持てなくて劣等感も大きかったんですよね。だから周りからの評価や、世間の評判みたいなものが自分にとってはすごく大事でした。

ーそうだったんですね。新しく始まった大学生活はどうでしたか?

勢いで始まった大学生活だったんですが、4年間とても楽しくて!今まで真面目に勉強をやってきた分、やりたいことは何でもやろう!という気持ちでした。

バイトしたりサークル入ったり、ドイツに海外留学したり。東京に来たからにはやりたいことは全部やる!みたいな感じでしたね。

送り出してくれた親も当初は心配してくれていたんですが、そんな私の姿を見てびっくりしていたというか。意外と新生活楽しんでるね!と(笑)

ー志歩さんが大学生活をとても楽しんでた感じが伝わってきますね!

その頃すごくパワフルに動いていたし、楽しかったです!当時は4月から就職活動が解禁になったのですが、内定も第一志望の企業から1週間でもらえて。

ー1週間で!それはすごいですね。今勤めている信託銀行に入行したんですよね?

そうですね。ただ、今の会社を決める時にも、もちろん人の役に立てる仕事がしたいと思って決めたんですけど、それ以上に周りからの評価で決めた部分も大きかったです。人からすごいねって言ってもらえたり、安定した会社だったりというところが当時は魅力に感じていて。

内定をもらってからは、今度は同期に負けたくない!という気持ちから、資格の勉強に打ち込んで宅建の資格を取りました。

ーおおっ勢いがありますね!

今思うと、これまではずっと劣等感から自分を動かすパワーが出てたなって思います。学生の頃で言えば、クラスの中心になるようなキラキラした子からすれば自分は…と比べることが多くて。だから周りから褒められる、評価してもらえる、ということが自分の中ではとても大事でしたね。

ー社会人になった時はどんな感じだったんですか?

同じ部署に配属された同期が私含めて4人いたんですが、その中にGroup Lessonを紹介してくれた長江ちゃんがいました!

長江さん(左)と志歩さん

当時の上司から毎日のように怒られる、とにかく否定される、を繰り返しているうちに、“自分はダメなんだ”という刻印を押されてしまったように思えて。今思うと、自分が至らなかったなって思うのですが、その時は自分が出来ない理由をどんどん環境のせいにしてしまってました。

ーそうだったんですね。Group Lessonに来た時はそんな状況の中でだったんですか?

とにかく自分に自信が無い状態でした。会社ではちょうど他部署に異動したばかりだったんですが、前の部署の人から異動先の人たちに私は出来ない人だから、と言われていたり。当然、異動先でもうまくいかないことが多くて。

良くなりたいと思っていても、そのやり方がが分からない、どうしたら良いんだろう?という状態でした。そんな時に、長江ちゃんから公開講座(現在の渋谷の学校)に誘ってもらって。みんなキラキラしているけど、それに比べて私は…というような感じでしたね。

公開講座を経てGroup Lessonへ通い始めた当初は、今思うと自分の状態が悪すぎてあまり記憶がないくらいです(笑)

ー通っているうちに何か自分の中で変化はありましたか?

すぐ自分を変えられた訳ではないんですが、必要以上に自分のことを下げることはないんだなと思いました。それまでは思っていなかった自分の強みである部分にも気付けたり。

自分の中にはもっと自分のことを良くしていきたいという気持ちがあって、劣等感からじゃなくて、その気持ちからパワーを取り出したいなって思いました。それまで自分の人生をマイナス方向に突き進んでいた自分を、やっとスタート地点まで引き戻せた感覚です。

ー今志歩さんはGroup Lessonでスタッフとしても関わっているけど、どんな気持ちで関わっていますか?

その場にいることで私が出せる価値って何だろう?と思うことが多くなりました。自分がGroup Lessonで置かれている立場や意味を考えながら通っています。

通い始めた当初は正直、自分のことばかり考えて参加していたなと思います。講座の中で何かを教えてもらえたり、知識を得るというか、価値を受け取るために参加していました。

そんな中で、たまたまスタッフのミーティングに参加するきっかけがあって。その時に、自分の参加の仕方が違ってたなと気づきました。そして自分は今まで問題がある側だと思っていたけど違う、場を作っていく側が求められていると感じました。

そこから自分の状態が変わってきて、仕事での変化にも繋がってきたと思います。

ー仕事では具体的にはどんな変化がありましたか?

職場の人たちから、前よりも雰囲気が変わった、明るく前向きになった、話しやすくなったねって言われることが多くなりました。今の部署の同僚から、あなたは仕事の中心で、大事な人だよと言ってもらえたり

ー期待されているんですね!それまでと全然違う反応が周りからあるんですね。

Group Lessonで『誰でも幸せになりたいと思っている』ということを学んで。常に自分の中で思うようにしています。何かあっても、「この人も何かやりたいことがあるんだろうな」と考えるようにしているうちに、自分の雰囲気が変わっていったのかなって思います。

ー志歩さんの雰囲気が変わったのはそんな背景があったんですね。最後に、志歩さんがこれからどうしていきたいか、どうなっていきたいかを教えてください!

自分と関わる人にとってプラスな人になりたいなと思います。自分に会えてよかったと思ってもらえるような、周りに与えていける人になりたい。自分が誰と会っても、その人のことを高められる自分でいたいなと。 

仕事でももっと結果を出していきたいし、Group Lessonでメンバーの人たちと関わる中でも、相手の本当にやりたいことを引き出せるような自分でありたいです。根本的に自分は出来るんだ!という気持ちからエネルギーを取り出していきたいと思っています。


志歩さんのインタビューいかがでしたでしょうか?お話の中で、志歩さんは自分振り返るために毎日日記を書いたり、気づいた時にスマホにメモをしてみたりと、日々自分自身と向き合っていると話されていました。そういった一つ一つの積み重ねが、志歩さんの描く未来に繋がっていくのだなと思いました。志歩さん、本当にありがとうございました!

(書いた人:智与、協力:小百合、あかり)

自分の人生を良くしていく考え方の基礎講座「Group Lesson 渋谷の学校」を開催中です!最新情報はこちらから。