仕事、結婚、育児。環境や立場が変わってもありたい自分を描ける人の考え方とは。(文字で楽しむGLラジオ)

毎週水曜日に配信中のGroup Lessonラジオ。(以下:GLラジオ)
Group Lessonメンバーのストーリーを対談形式でお届けしています。今回はそのストーリーをじっくり楽しめる「文字で楽しむGLラジオ」です。

どん底だった営業時代から年間MVPを獲得する活躍を見せ、希望の会社への転職や、結婚・出産についてなど、Group Lessonでの学びを活かして大きく人生が変化していった愛子さんにさまざまな角度から迫ります。

対談メンバー☆

愛子
大学卒業後、新卒で大手通信企業の広告会社へ入社。営業として年間売上MVPを獲得するなど活躍。7年間勤めたあと、有名Webサイト運営会社に広告営業として転職。プライベートでは昨年お子さんを出産し、現在は育休中。Group Lessonには初期から通い続け、スタッフとして運営にも関わっている。
香織
婦人アパレル会社で、新ブランド立ち上げや全国店舗運営に携わり、Group Lessonは初期から参加。現在は、スタッフとしても中心的に運営に関わっている。

2人    こんにちは!

香織   Group Lessonメンバーの香織です。

愛子    愛子です。

2人    よろしくお願いします!

香織 意外にも初登場?

愛子 初です〜!こんな大事な日に風邪気味なことが悔やまれます。笑

香織 愛ちゃんはGroup Lessonが始まった当初から参加していて、公開講座では体験したエピソードをトークライブで話すこともあったけど、意外にもラジオには初登場なんだね。いろいろと聞いていきたいと思っています。

愛子 よろしくお願いします!

香織 今日ここにも可愛い子がいますけど、去年娘のここちゃんを出産して7ヶ月になるんだよね。

愛子 うん、娘を産んでから世の中のお母さんがこんなに大変な思いをしているなんて知らなかったから親への感謝も強まっている感じです。

子供の成長が本当に早くて、昨日できなかったことが今日できるようになっていたり、目に見えて成長が見えるのがすごいなと思うな。

香織 愛ちゃんと出会ってから7年位経っているけど、こうやってひとりのお母さんとして話をしているのが不思議な感じだね。

愛子 出会ったころが本当に悲惨だったからね。今では笑い話だけど、そのころの写真をみると亡霊みたいになんかぼやってしていて・・。

香織 うんうん、当時はいつも伏し目がちで目が合わないって感じだったよね笑 

出会ったときは仕事でうまくいかない状況の中、そのあと大きく好転していっていたエピソードはいろんな人にとって役に立つことがあると思うのでいろいろ聞いていきたいです。

そもそも幼少期から人間関係で悩んでいたり、人生うまくいかないって考えることもあったと聞いているんだけど、どうかな?

愛子 幼少期の家庭環境から「自分の存在ってなんだろう」って考えることも多かったんだよね。学生時代から人間関係で悩んだり、人生うまくいかないなって思い悩みながら生きていたなって。そういう星のもとに生まれてしまったんじゃないかって思うくらいだったな。

悩みながら過ごした学生時代だったけど、大学に入るときに上京して、きらびやかな東京に出てきたら、何かが変わるかもしれないって「ここにかけるんだ!」って思ったりしていて。

香織 それで何か変わったりした?

愛子 環境が変わったら良くなるなんてそんな話はもちろんなくて笑。大学では友達もできたし人間関係で悩むこともなく、それなりに楽しかったんだけど自分自身に対して「なんか違うんだよな〜、もっとできるはずなのにな」って思っていたかな。


香織 愛ちゃんと出会ったころは、大手通信企業のグループ会社で広告営業をしていて、結構「できない」扱いをされていたと思うんだけど、実際にはどういう状況だったの?

愛子 今思えば経験も知識もないから当たり前の失敗もしていたんだけど、それに対して上司からめちゃくちゃ怒られることもあって、それで「やっぱり自分はできないんだよな」って思うようになっていたんだよね。

香織 できない自分の刻印を押し続けるみたいな感じ?

愛子 そうそう!

香織 そんな状況から営業の売上成績で年間MVPを獲得するくらい活躍していったと思うんだけど、考え方や行動の変化について教えて欲しいな。

愛子 仕事もうまくいかなくてボロボロの時にGroup Lessonに参加して、セルフイメージ(✳︎)の話を聞いたときに衝撃が走って。

「今まで自分がうまくいかなかった理由はこれだ!」って答えが見つかった感じがあったんだよね。うまくいかないのは環境のせいでも、誰のせいでもなくてセルフイメージが低すぎたことが原因だって気づいたことが大きかったかな。

✳︎セルフイメージ:自分に対する自分の意見のようなもの。例えば「私は〇〇ができる」というポジティブなものや、「私は〇〇が苦手」というネガティブなものがある


セルフイメージを変えるだけでいろんなことがうまくいくようになるって話を聞いて、じゃあやってみようと思って。当時一番わかりやすかったのが仕事だったから、そこで何ができるかなって考えたときに、MVPを取ろうって考えて。

今までだったらそんなの無理って思ってたけど、MVPを受賞している自分を想像することから始めたんだよね。

まだまだ全然成績も上がってないし、何の根拠もないけど、毎日毎日通勤や訪問に行く電車の中でMVPの授賞式で涙ながらのスピーチをしている自分を想像していて。入り込みすぎて電車の中で泣いちゃって乗り過ごすくらいだった!笑

香織 すごい入り込んでやっていたんだね!笑 私も講座の中でセルフイメージの話も聞いているけど、どれだけリアルに自分の姿を想像できるかが大事っていうのも聞いていたから、すごくリアルに思い描いていたんだなって感じたよ。

愛子 授賞式での細かい部分や自分の感情が入るまで毎日想像していたから、お客さんの訪問前にも「今日もMVPとったな〜!」って思いながら良い状態で商談したりして。

良い状態だからお客さんともうまく関係を作れるようになっていったな。自分のことをMVPを受賞する営業であると想像してお客さんと接することで、話すこととか関係性も変わってくるなって。

今までは、売上を良くするために土日に仕事の計画を作ったりしていたけど、できない自分のセルフイメージだったからやってもやってもうまくいかなくて。

そのときは必死すぎてわからなかったけど、前の自分みたいに亡霊のような人だったらそりゃうまくいかないよなって。

でもセルフイメージの話を聞いてから、自分はできるんだってイメージして行動することで、土日に仕事をしなくても成績が上がるようになって、大事なのはどんな自分で取り組むかなんだなってあらためて思ったよ。

香織 そうなんだね〜。でも良いセルフイメージをつくるのと目の前の成績が良くなっていくのとには時間的なズレがあったりすると思うけど、そういうときにヘコんだりしなかった?

愛子 Group Lessonで「状態が状況をつくる」っていう話も聞いていたから、状態が良いことが先で状況が変わるのが遅れてくるの当たり前だなって思っていて。

変わったのは自分の内面だけで上司とか周りの反応はすぐには変わらないけど、「まあまあこれから良くなっていくから、怒っててよ」くらいに余裕があったかな。

もちろん落ち込むこともあったけど、そういうときは「自分らしくない!」って呪文のように唱えてうまく状態を切り替えてたかもしれない。

香織 その後本当に年間MVPを獲得したり大きく成長していく中で、今の会社に転職しようと思ったきっかけは?

愛子 人の役に立つサービスを扱っているところで仕事をしたいなと思って。今まではこんな自分じゃどこにも雇ってもらえないって考えてたけど、もっとできるし役に立てるって思えるようになってきて。

当時、転職先の会社に入るの難しいよって言われていて、今までだったら言われてすぐ諦めてたと思うけど、そのときはいける気がするなと思ったから、チャレンジしてみようと思ったかな。

後半では愛子さんの転職後のエピソードや出産を経て変化した心境に迫ります!