身も心もきれいにリフレッシュ。私がやっているヘルスケア

みなさんは普段、身体のケアはしていますか?心と身体は繋がっているとは言いますが、内面はもちろん、体調や健康も整えて輝いている女性って同性から見ても素敵ですよね。

今回はGroup Lessonメンバーでも日常の中でヘルスケアを楽しく取り入れて、リフレッシュしたり、身体や気持ちのメンテナンスをしている4人に話を聞いてみました!

話してくれたのはこの4人

志穂(しほ)
大学卒業後、大手人材会社で営業職として活躍したのち、創業半年のITベンチャー企業へ初の人事として転職。社員数名から100名規模の組織へと成長を支える。更なるステップアップのため転職、昨年10社から内定をもらい、ITサービス運営企業へ入社。Group Lessonへは初期から参加、メンバーの面談等、スタッフとしても活動。
望美(のぞみ)
大手生命保険会社に勤務、入社初月から営業部約200人中1位を獲得、2年目には社長賞を受賞する。2013年からGroup Lessonに参加し、営業のスタンスが変化した結果、意識しなくとも仕事が向こうからやってくるようになる。現在も営業部約300人中の上位をキープし続けている。Group Lessonではスタッフとしても関わる。
咲栄(さきえ)
Group Lessonの初期から参加しているメンバーであり、スタッフとしても活動中。仕事では、表参道ヒルズのオープニングスタッフとして婦人アパレルショップを経て、希望していた表参道に本店を構えるセレクトショップに転職後、新店舗立ち上げなどを経験。現在は外資系ラグジュアリーブランドにて勤務。
梨紗(りさ)
社会人2年目、システムエンジニアとして働く。昨年の秋よりGroup Lessonメンバーとして参加、周囲との関係性が良くなり、上司からも”一緒に仕事がやりやすい”と言ってもらえるように。仕事への姿勢もより積極的になり、任される仕事の範囲も広がっている。

◆志穂(しほ)さん

ー日々の健康、ヘルスケアについて、どんなことをしていますか?

月に2度くらい週末にジムに行って走っています!あと、その際に筋トレもするようにしています。

ーそうなんですね!運動するきっかけって何だったんですか?
 
肩こりがひどかったり疲れが取れづらくなってきたことですね。
仕事でパソコンの前にいることが多く、目の疲れから肩こりがひどくなり、なんとかしたいなと感じていました。
また、仕事をするにも体力がないと続かないと感じたタイミングがあって、それがきっかけで4年前に走り始めました!
 
ーケアを通して、以前と比べてどのような変化、得たものがありましたか?続けるためのコツ等もあったら教えてください!
 
汗をかくことで、リフレッシュできるようになりました。走り始めて20分過ぎたくらいから発汗してくるのですが、デトックスできてる感じがあって気持ちいいです。
走った週末はその翌週に体が軽く感じるように!
汗をかくと気分も爽快になることと、体にいいことしている感でテンションが上がります。頭も心もすっきりクリアになる感覚があります。
 
継続的にやるためのコツは、あまり無理をしないこと。
走ってみてあまりたくさん走れない日は少しだけでやめたり、ゆっくり走ったり、続けられるペースでやることが、継続的にやるためのコツな気がします。
走りながらGroup Lessonのラジオや音声を聞いているんですが、あっという間に時間が過ぎていって。
走りながらインプットもできて、一石二鳥感があります!

もともと、ジムで走るのは風景が変わらなくて退屈だなぁと思っていて、だったらその時間に音声聞いてみよう!と思って始めたのがきっかけだったのですが。
いつもより集中して聞けるし、ふと気がつけば長時間走れているし、と良いことづくしでおすすめです(笑)
 
あと、走ることを始めてプラスで得られたこととしては、会社のランニング部に入って、一緒に走る仲間ができました!
普段仕事ではなかなか関わることがない人とも走るということを通して関わりが持てて、世界が広がりました!
 
ーこれからどんな風にケアをしていきたいですか?ほかにもやってみたいことがあったら教えてください。
 
今は5㎞くらいしか走れないので、少しずつ走れる距離を長くしていきたいですね。
引き続きマイペースに継続していけたらと思っています。
あと、エアロビやキックボクシングもやってみたいです。ランニング以上にエキサイティングな感じがして楽しそうだから!
 

◆望美(のぞみ)さん

ー日々の健康、ヘルスケアについて、どんなことをしていますか?

発汗することですね!
ヨモギ蒸しや湯船に浸かる時間を設けたり、温泉にサウナが付いていたら必ずサウナに入ります。
そしてマッサージを定期的に。
自分では、サウナや湯船に浸かりながら、肩や足裏を中心にマッサージをして『あ〜行きたい!』と思う時にプロにやってもらっています。
 
あとは、営業の仕事をしているので、ほぼ毎日、だいたい1万〜1万5千歩前後歩いていて、
特別な運動はしていないので『ながらウォーク』です。スケジュールの関係では走ることもあります。(笑)
営業バックは軽くないので、負荷を掛けながら歩いたり走っているのもまたいいのかもしれないですね!
 
食事は、菜食(ベジタリアン)なので、量をものすごくたくさん食べても太りにくい、消化がかなりいい!のも健康に繋がるのかもしれないです。
お通じは一日3〜4回が普通です。
 
 
 

ー望美さんの普段の仕事や食事のスタイルもヘルシーなんですね!ちなみにヨモギ蒸しを始めたきっかけってなんだったんですか?

『汗をかきたいなぁ、けど運動はちょっとなぁ、、』という感じだったところに、何かでヨモギ蒸しを発見しました!

女性系の病気や子宮をキレイにしてくれる効果もあるということで、そちらにも効果があって汗をかけて、リラックスできる時間として設けています。
 
■ヨモギ蒸しとは、ヨモギを煎じた蒸気を下半身中心に、体全体に浴び吸収させる韓国の民間療法。韓国では600〜700年ほど前から、産後ケアとして愛用されている。
 
ーケアを通して、以前と比べてどんな変化がありましたか?
 
汗を出すと、身体の悪いものも一緒に出るような感じがします!
『一人の時間』として設定して、頭や心もリフレッシュできるのも、継続的におこなっている理由かなと思います。
 
食事(菜食)に関しては、太りにくくなった、消化が早い・いい!という感じです。
食事を通して、地球環境のことを調べたり勉強するようになったのも変化かなぁと思います。
まだまだ知らないことばかりですが、体にいいことは地球にもいい(どちらも水70%でできている)と思っていて。環境にもよくて、体にもいいし合っているので、やめる理由がなく続けています!
 
ーこれからどんな風にケアをしていきたいですか?新たにやってみたいこともあったら教えてください!
 
私の場合『無理なく続けられること』がポイントで、現状は発汗を継続ですね。
新たにというのは今のところないのですが『あ、やってみたい!』とか『良さそう〜』というものがあったら、日常の中に取り入れていきたいなと思っています。
 

◆咲栄(さきえ)さん

ー日々の健康、ヘルスケアについてどんなことをしていますか?

ここ数年毎朝、目覚めてからすぐに白湯を飲んでいます。電子レンジではなく、ちゃんとヤカンで沸騰させています。お気に入りのヤカンとマグカップを使うのが長く続けるポイントです!気分が全然違います。

あとはよく歩きます!
駅でも階段を使ったり、仕事中も接客業で動き回る事が多いので、一つ一つの行動も密かに体をしっかり動かすようにしています。
そうすると自分の中だけですが楽しくなります。
 
 コスメも化粧水やボディケア商品も、ほとんどオーガニックなものナチュラルなものをずっーと使っています。
地球環境にも良いし、自分自身にとっても心地よいからです。
 
他には、冷たいものはほとんど飲まず、一年を通して常温か温かい飲み物です!
ルイボスティーは毎日マイボトルに入れて仕事に持っていきます。
 
あとは溶岩ヨガに月に数回、昨年末から通い始めました!
 

ー溶岩ヨガ!あまり聞いたことがない人も多いと思うのですが、始めたきっかけって何だったんですか?

きっかけは職場の尊敬する方に勧められて。以前からヨガに通いたいと思ってたので色んなスタジオの体験に行き、今のスタジオに決めました。

免疫力を上げたいのと、全く運動をしていなかったのでこれからの為にもと思い通っています。

■溶岩ヨガとは、溶岩プレート(火山の噴火などで噴出したマグマが冷え固まったものをプレート状にしたもの)な敷き詰められたスタジオで、プレートを温めて室内を高温多湿にくる溶岩浴と、ヨガを掛け合わせたもの。

自宅でもお風呂上がりや、朝はGroup Lessonメンバーの高瀬さんに教えてもらった逆立ちヨガもマスターし、楽しくやっています。

ーケアを通して、以前と比べてどんな変化、気づきがありましたか?

体の様子が分かるようになってきました!
ヨガをはじめてみて、普段動かさないところを動かすとなんとなく、詰まりが分かったり、左と右で違うなとか、体に興味を持つようになって。
体の声が聞こえる気がします。呼吸を意識できるようにもなりました!
 
ーこれからどんな風にケアをしていきたいですか?

ヨガはマスターできたらと思っています。
いつもハワイの広い大地でヨガをしているのを想像し、イメージしながらレッスンを受けていて。いつか人に教えられるくらいになれたらなと思います。
 
ハワイの大自然の中で自然と一体になって海の音を聞きながら、そこにいる人たちと一緒に感じながらやってみたい!
 
心と体が一致して解放できることがとても大切だと思うので、誰とするかも大きく影響するのかなと思うからです。

◆梨紗(りさ)さん

 
ー日々の健康、ヘルスケアについて、どのようなことをしていますか?
 
朝起きたら、ベランダの外を見ながらヨガの太陽礼拝(連続してポーズを取る一連のフローのこと)を5〜10周してから出勤しています。
全身の筋肉を使う動きなので、筋肉がほぐれて、身体が温まります!
 
太陽礼拝以外にも、気分に合わせたポーズを取ったりも。
深い呼吸をするので心が落ち着きますし、頭もスッキリして明るい気持ちで1日をスタートできます。
 
普段はふつうに地面の上で、ホットヨガではなく常温の部屋でヨガをしていますが、時々エアリアルヨガ(ハンモックヨガ)もやります。
アクロバティックで楽しいし、体の重みを使って身体を伸ばすので、ふつうのヨガよりもよく伸ばせます。
 

ーとっても気持ち良さそうなのが写真から伝わってきます!ちなみにヨガをするようになったきっかけは?

社会人になってからヨガに通い始めて、身体をほぐすことや、呼吸を深めることの気持ちよさに気がつきました。 
 
ヨガをすると気持ちが明るくなって、優しい気持ちになれます。
心と身体はこんなに繋がっているんだ…!と驚きました。
 
ーケアを通して、以前と比べてどんな変化、得たものがありましたか?
 
実は、ヨガを始める前は周りから笑われちゃうくらい、固い体の持ち主でした…!
床に手が届かなくて、20センチくらい浮いてるところで限界でした。
 
生理痛も毎回倒れるくらい重くて。時には吐いてしまうことも。悩むことも多かったし、人見知りな性格でした。 
 
ヨガを始めて1年半経ちますが、手は床につくし、生理痛はかなり良くなりました!
性格も変わってきて、イライラすることも減って、日々笑って過ごすことが増えたと思います!ヨガと出会えたことに心から感謝しています。
 
週末に大好きな先生のヨガ教室に通っているのですが、その場に集まるメンバーはみんな仲が良くて。教室に行くと「おかえり」と言ってもらえます。
 
私より年上の方ばかりなのですが、あだ名で呼び合うようなあたたかい場です。
みんなと一緒にヨガをしたりお話すると、元気がチャージされます!
 
そんな場を作れてしまう愛に溢れた先生や仲間と出会えたことも、ヨガを始めて良かったことです。
 
以前、友人とハイキングに行ったときに、大きい切り株の上に登って、体をぐーんと伸ばしたことがあります。
空気が澄んだ山の中で、深い呼吸をしながら身体を伸ばすのはとっっっても気持ちが良かったです。
大きな切り株の上で、ちょっとした自分だけの空間で、開放感たっぷりでした。
 
ーこれからどんな風にケアをやっていきたいですか?

以前は行っていたのですが、朝だけではなく寝る前にも、ストレッチをして寝たいなと思います。
できれば湯船にしっかり浸かって、マッサージとストレッチを。毎日それができていたときは、眠りの質が良く、目覚めも良かったです!
 
忙しいときはシャワーで済ませてしまいがちなのですが、忙しいときこそ寝る前のケアが必要だと思います。
次の日に疲れを持ち越さないためにも、今よりキレイになるためにも、これからまたやっていきたいと思います!
 

日々楽しみながら取り入れているメンバーそれぞれのヘルスケアをご紹介しました!

 
これからの季節に向けて、思わず身体が軽くなって動きだしてしまいそうな、そんなワクワク軽やかな気持ちでいたいですね。良い春になりますように。
 
(書いた人:智与 協力:志穂、望美、咲栄、梨紗)