凝った心をときほぐしたい時に。GLメンバーの癒しの時間とは?

仕事や家庭で日々忙しく過ごしてしまいがちな時も、ほっと落ち着いて気持ちを整理したり、ありたい自分をイメージし直す時間を取りたいですよね。

今回はGroup Lessonメンバーから、癒しの時間について聞いてみました!

話してくれるのはこの2人

大学卒業後、鉄道会社系列のショッピングモール開発企業に勤める社会人3年目。Group Lessonのスタッフとして活動中。仕事柄、シフト制の勤務で不規則な生活になることも。そんなときにも、ほっとした気持ちにさせてくれるものは・・
さくや
20代後半。大学卒業後、国家公務員として中央省庁に勤めたのち退職。現在は大学事務として働く社会人3年目。日々の癒しは、食後に美味しいコーヒーをすすること。

さくや:今日はよろしくお願いします!

さくや:早速ですが、舞さんの癒しの時間は、飼っている文鳥と遊んでいるときと聞きました!文鳥を飼おうと思ったきっかけは?

:実は小学生の頃にも飼っていました。当時いとこが色んな種類の動物を飼っていた影響で。大学生になってからインスタやTwitterで文鳥の画像や動画をよく目にするようになって、また飼いたいな~と思って昨年の5月頃から飼い始めました!

:名前は「モシ」です。

さくや:モスちゃん?

:いや、「モシ」です!「もしもし~?」のモシです。

さくや:あ、すみません、モシちゃん!面白い名前ですね!由来は?

:妹が卒業旅行でイタリアに行ったときにホテルの近くにあったカフェの名前です!響きが面白いね~と前から話していて名前につけました。

さくや:たしかに響きが可愛らしくて良いですね。文鳥のこと全く知らないのですが、ちなみに、文鳥って何を食べるんですか?

:食事はアワやヒエなどの雑穀です。たまに小松菜等の葉っぱも食べますが、うちの子はあまり食事に興味がないみたいで。小学生のときに飼っていた文鳥はアイスやフルーツなんかも食べていたんですけどね!

さくや:アイス!へえ~!

:うちに来たときは赤ちゃんだったので、給餌用のスポイトで食事を与えていました。羽は今よりやや灰色で、くちばしや目の赤も今より薄かったんですよ。ちなみに性別はたぶんオスです。

さくや:たぶん?

:文鳥の性別判断って決定的なものがないんです。オスのほうがくちばしや目の周りのリングの赤色が濃いことくらいですかね!あとオスだけ、跳ねたりピーピー鳴きながら歌やダンスをします。

さくや:なるほど、だから「たぶん」!モシちゃんとはどんな感じで遊んでいるのですか?

:手のひらに乗せたり、肩に乗せたりして遊んでいます。危ないものは片づけて、飛んでいかないようにしっかり窓を閉めます。小学生の頃に飼っていた文鳥は窓の外へ飛んで行ってそれっきりだったので・・・。窓はしっかりと。文鳥はとても人懐こくて、飼いやすいですよ。

さくや:噛んだりはしないのですか?

:よく噛みますよ。特に父はよく「痛っったー!」なんて言ってます。私もよく噛まれるけど、それは攻撃というよりも愛情のある甘噛みなので。家族は噛まれるとしばらくモシを放置するんですけど、私は諦めずに手に乗せます!

さくや:痛くても諦めない・・・。やはりそれだけ可愛いんですね!

:ほんとうに可愛いです!モシといる時間はわたしにとって癒しの時間ですね。

さくや:舞さんの話を聞いているとなんだか私も文鳥飼ってみたくなりました。お話ありがとうございました!


ピックアップ! リラックスしたい気分の時におすすめの記事はこちら。

ほっこり力が抜けてほぐれていく、私がおすすめする温泉の魅力

2019年1月27日

ベテランセラピストから教わる足うらマッサージ

2018年7月6日

ベテランセラピストから教わるお風呂でセルフケア

2018年4月26日