大切な人達との関係がどんどん良くなり、思い描いた未来が動き始めた!

かりさん

20代後半。立教大学卒業。外資系保険会社の営業などを経て、現在は都内のWebサービス企業の営業企画として働いている。Group Lessonには2017年10月より通い始め、学び続けながら現在は公開講座の運営などスタッフとしても関わる。いつも人なつっこく明るく優しい雰囲気で、周りを明るくしてくれます。

-Group Lessonに参加しようと思ったのはどんなときでしたか?

主に仕事やプライベートなど今後の人生についてどうしようか色々考えているタイミングで参加しました。

学生時代から社会人3年目頃までは営業をやっていたこともあり、それまでは勉強会に参加したり新しい人とも積極的に会うなど色々な環境と触れ合っていましたが、3年目での転職を機に内勤に移り、外部との関わりは一気に減っていました。
転職後の方が仕事は充実したのに、一方で何か物足りなさも感じていました。
ただ、一人で考えていても堂々巡りなので、何か新しく考え方を取り入れられる場所はないかと探していました。

そんな頃、学生時代から知っていた先輩で今は複数の会社の外部人事として活躍されている真里さんとたまたまバーで居合わせ、思い切って色々相談させていただいた時に、ここのことを教えて頂きました。
自分が今後どうしたいのかなどの考えが晴れるきっかけになるかもしれないと思い参加を決めました。参加することで、身近な人との関係がよくなったり、自分の考え方のスタンスが変わりました。

ひかりさん(左)と真里さん(右)

-ひかりさんが周りとの関係性を変えることでよくなっていったことは?

特に印象に残っているのは、パートナーとのコミュニケーションが劇的に変わったことです。 彼とはずっと話し合いができないと悩んでいましたが、学ぶ中で自分がそういう状況を作っていたのだということがわかりました。

例えば私が「彼は話し合いをしてくれない人・逃げる人」と決めつけていたことで、彼のことを理解しようという姿勢はまるでなかったと思います。

でもGroup Lessonで学んでから、関係が長いからこそ相手をわかったつもりにならずに、自分の彼に対する思い込みを全て疑うようにしていました。

いつもなら気に留めずスルーしていたような彼の発言にも、それってこういう意味?どうしてそう思うの?など聞き、一から彼のイメージを作り直す感覚でした。

これまでの彼のことは知っていても、自分と同じように彼も常に変化していて、”今の相手”のことを知ろうとする努力は一生続けようと思いました。

一から彼を理解しようとしたり、まず受け入れたりするうちに、今では彼の方から色々話してくれるようになりました。

そして、父との関係が変わりました。自分史上とてもすごいことなんです!

中学生の頃から父とは対立することが多く、少し話せば言い合いになってしまっていました。
大人になってからはそんな関係性から少しずつ改善していて、一定のところまではきていたのですが、これ以上全てを理解し合うのは無理なのだなと現状止まりでいた状況でした。
けれど、やっぱりこのままでは寂しいなという自分の気持ちに気づいたり、もっとよくできるのかもしれないと感じてそれを変えることができました。

学ぶなかで得た「相手の大切なものを理解し、大切にする」という考え方のもと 父と2人で会う機会の直前にはGroup Lessonのスタッフ香織さんから助言をいただき、初めて父と深く話しました。

(具体的には)まずは私と父がぶつかる時のパターンに気付かせていただきました。
「父の意見を聞こうとすると、いつも父の否定的な言葉に私が反応して攻撃してしまい、ぶつかる」というものでした。実は否定的な父の言葉よりも私が反応してしまうことの方が大きな問題なのでは?と気付かされた事が非常に大きかったです。

また、共感はできなくても「父はこう感じる人なんだ」とただ受け入れ、父の考え方を知ることだけを目的に話してみてはどう?、とアドバイスいただきました。
それを実行した結果、本当に深く父を知ることになり、それ以来安心して話せる間柄になれたと思っています。

その日以来父の印象は180度変わり、今では一番の相談相手が父になったほどです。
(その結果)つい最近までは考えられなかった雑談を父からしてくれるようになり、一緒に笑う機会が増えて理想の関係に近づいています。

-元々、なかなか変えられずにいたお父さんとの関係を変えようと思えたのはどんな心境の変化があったんですか?

確かにそうですね!考えてみると2つあります。
1つは、Group Lessonで学ぶなかで「周りの人とどういう関係性を築きたいか?」を考える機会がたくさんあると思うのですが、自分と周囲の人との理想の関係性をイメージした時に、父ともっと話せる仲になりたいなと思っている自分に気付いたからです。

2つめは、仕事やプライベートについても、家族が応援してくれる、私も家族を応援したいと思える関係性でいることが私にとって大事だと気付いたからです。
総じて、当初の目的とは違うところでも自分の本音に気付いたからですね。

- 仕事の面についても何か変化はありましたか?

仕事との関わり方も変わりました。前職の営業時代に体もメンタルも疲れたので、転職以来は決まった範囲の中だけで仕事をしてきました。

でもこの環境と関わるうちに、自分がエネルギーを発揮せずに生活していることに気づき、 今は自分のエネルギーを発揮しながら楽しく豊かに仕事するということに挑戦しています。
具体的には、最低限決められた役割だけ果たすという働き方から、周りの人に協力的に関わるという働き方に変えました。

仕事の異動先のマネージャーからも頼ってもらうことが増え、今では二人でランチに行ってぽろっと色々話せる間柄になったのは、はじめは想像していませんでした。

またこれまでより仕事を受ける量も増えましたが、以前より楽しんでいる自分がいます。
周りの相手に協力的に関わると決めると、今まで気付かなかった自分の力の活かし方に気付く機会が増えました。まだまだ小さな力なので、それ自体を大きくしていくことも楽しみです。

これまで書いたようなできごとが日常の中でたくさんあり、たった数ヶ月やってみるだけでこんなに変わるのかと感動する一方、まだまだ理解したつもりでわかっていないことがたくさんあるので、身につくまでこの環境に触れていたいと思い、Basic講座の修了後も、Group Lessonの上級クラスを継続しています。

-ひかりさんにとって、Group Lessonのどんなところがいいと感じていますか?

私はGroup Lessonで学んだことをすぐ日常生活で実践してみるようにしているのですが、本当に相手や目の前の状況が変わっていくのでとても魅力を感じています。
また当初は仕事を頑張りたい人しか使えないものだと思っていましたが、プライベートや家庭に活かせる内容ばかりなので女性にはとても良い環境だと思います。

私はこの環境に入らなかったら実現できていなかったことがたくさんあるので、本当によかったと思っています。

(終わり)


(編集部から)ひかりさんが目の前の大切な人たちのこと、仕事のこと、ひとつひとつ向き合いながら、描く未来への選択を重ねてきたんだと、改めて感じました。 学んだことや気づいたことをすぐに日常でトライして、その結果取り巻く環境が変わっていくという、ひかりさんの勇気と希望に満ちた物語、読んだみなさんも何かを感じていただけたら嬉しいです。

 

過去のメンバー体験談はこちらから読めます。

(書いた人:智与)

※メンバー限定の会報誌に掲載したインタビュー「私とGroup Lessonの物語」の内容を再編集