あなたがいま直面している問題を解決するためには?

何かとバタバタしやすい月末。あれもこれもやらないと!と、いつも以上にエネルギッシュに駆け回っている方も多いのではないでしょうか。

そんな時期にぜひ読みたい、「問題解決」についてのコラム。2014年4月号に掲載した Group Lesson主宰・小津さんのコラムを再編集してお届けします。
目の前のことだけで慌ただしく過ぎていた日常が、いつの間にか良い方向へ向かっていたとなれるヒントが詰まっていますよ。

 

問題解決の心とは?

まず、あのアインシュタインが言ったといわれている言葉をご紹介します。

我々の直面する重要な問題は、その問題を作ったときと同じ考えのレベルで解決することはできない」

あなたがいま直面している重要な問題、何かありますか?

アインシュタインの言葉によれば、恋愛でも転職でも人間関係でも、あるいはお金や健康でも、その問題が作られた時と同じあなたの思考の次元では解決できないよ、という話ですね。

例えば人間関係で、「あの人、むかつく!」と。一緒にいると「むかつく」のだから何か問題です。
「あの人」が問題なのか?
「むかつく」と反応するあなたの問題なのか?

いずれにせよ、あなたの思考の次元をあげてその問題をみなくては解決策がみえません。これを私たちは思考の抽象度をあげる、とか視点を高くするといって、メンバー制勉強会ではことのほか重視しています。

これと同じような話として「日本一のお金持ち」で有名な斉藤一人さんの最初の著書『変な人の書いた成功法則』にも次のような話があります。要点はこんな感じ。

「あなたの目の前の問題は、少し前のあなたの心の波動が引き起こしたもの。だからあなたが同じ心のレベルのままで解決しようとしてもダメ。
解決するにはあなたの心を高めて、心の波動を高くすれば解決するよ・・・」と。(著者はスピリチュアルな感じの話も多いのでこんな感じだったと思う)

目の前の問題はだれがつくった?

「100パーセント自己責任」と考えないとあなたは成長できない、という話を勉強会でしたことがあります。目の前の問題も実は自分がつくっているんだ、と。

「自分の外に問題があると思う考え方こそが問題である」とは有名な『7つの習慣』の基本的な原則です。

「目の前の問題は自分以外の何か・誰かの責任のせいだ」という間違ったパラダイム(ものの見方)で生きていると、子育てから仕事までいろんな面で弊害がでるものです。

目の前の問題を誰か(何か)の責任にしているうちはうまくいきません。「私は悪くない」「だって仕方ないじゃん、あの人が悪いんだよ」とか、あなたの脳は全力で自己正当化する理由を探します。だから成長しない。

「自分には責任が無いんだ!」と考えるとあなたは弱くなります。「私にはこの状況をコントロールして良くすることはできません!」と宣言しているのだから。そしてコントロール出来ることに気づくと行動しないといけないから、気づきたくない、という心理も働きます。

問題解決は視点を高く


何か課題を目の前にしたら、『この状況は自分の責任だ』
ととらえてみてはどうでしょうか。

そうすると我々の直面する重要な問題は、その問題を作った時と同じ考えのレベルで解決することはできない」から、自分の物事をみる次元を高めないと解決できません。その方がなんか発展性がありますよね。

たとえば・・
・相手の立場をもっとよく理解する。
・3年後、5年後、30年後の自分から今の問題をみてみる。
・自分が変化すれば済むことにフォーカスして考えてみる。
・周りにはどう見えるのか、周囲の視点になって自分をみてみる。
・自分には見えてない問題の本質があるのではないかと疑ってみる。

自分の中に、劣等感や恐れ、怒りにとらわれた感情があったからこうなったんじゃないか?とか。

あなたの高い視点から心を落ち着けてよくみる。愛をもってその問題を眺めてみる・・・そうするときっとたくさんのヒントがみえるし、そのいくつかはすぐに実行可能なはずです。

もちろん、そうはいっても「こんなこと絶対あの人が悪いよ。あー、むかつく!」ということもあるかもしれませんけど。

修行ですね。

まとめ

・目の前の問題を誰かのせいにしていないか?

・『この状況は自分の責任だ』ととらえてみる

・自分の物事をみる次元を高めることで、問題解決へのヒントがみえてくる

小津 剛さん メンバー制勉強会Group Lesson主宰。早稲田大学在学中から参加していた人材研修ベンチャー企業で20代を過ごし、メンタルセミナー講師500回以上、合宿研修でのべ4000人以上の指導、20代前半までの女性を中心としたメンタルマネージメントの個別カウンセリングでのべ15,000人以上と面談、スタッフ育成プログラムの専属コーチとして300人以上の大学生を継続指導。
その圧倒的な経験をもとに、独立後はマンツーマンのメンタルコーチ、向上心のある女性中心にパーソナルコーチングを提供。2011年からメンバー制女性勉強会『Group Lesson』を主宰。ほぼ一般公開せずに紹介や口コミでのべ5400名以上が参加、20代30代の働く女性を中心に、大きな支持を集めている。


今回のコラムのようなエッセンスを実践したら、現実がこんなに良くなりました!というメンバーの体験談はGLラジオでも聞くことができます。:GLラジオ

もっと日常が良くなっていく考え方に触れてみたい!という方は公開講座がGroup Lessonのコンセプトを学べる場となっていますよ。:公開講座の情報はこちら

 

ピックアップ!目の前の問題の受け取り方を変化させて活躍するメンバーのインタビューまとめはこちら!

もうイライラしない!肩の力を抜いて軽やかになりたい時に読みたいインタビューまとめ

2019年1月6日