勉強会ランチの人気メニュー「車麩カツ」レシピ紹介!

Group Lessonの講座の楽しみのひとつである、手作りランチメニューのレシピをご紹介!
彩りや栄養バランスも考えられたヘルシーメニューで、オリエンタル精進料理にも対応しています。

★オリエンタル精進料理とは?
お肉やお魚といった動物性食材と、五葷(ごくん)と呼ばれる「ネギ・にんにく・にら・らっきょう・あさつき」といった体に刺激が強いとされている野菜を一切使わない料理のこと。

今回は、ヘルシーなお麩を使ったボリュームたっぷりな「車麩カツ」のレシピをご紹介します。

【お麩の豆知識】
お麩は、小麦粉を主原料とした、たんぱく質が豊富な加工食品で、日本各地には、煮物や汁物に使用される「焼き麩」や「生麩」などさまざまな製法や形態のお麩があり、その種類は90種類以上あると言われています。
ふわふわとした食感で栄養価の高いイメージはあまりないお麩ですが、実はナトリウムやカルシウム、鉄・亜鉛といったミネラルが凝縮されていて、とても体にいい食べ物です。
また、保水性が高いことから、少ない量でも満腹感を得ることができ、ダイエットにも最適な食材です。

 

GroupLessonのランチでも大好評のメニューです。
スーパーで手に入る材料で簡単に作れますので、ぜひ試してみてくださいね。

今回も、菜食料理教室「美菜食」を主宰している、Group Lessonメンバー・佐藤美菜子さんが監修してくれました!

佐藤美菜子さん
【プロフィール】
日本でも有数のマクロビオティック料理スクールでのアシスタントを経験後、菜食料理教室「美菜食」をスタート。都内の某有名飲食商業施設のフードアレンジ、企業のレシピ開発、企業やイベントへのケータリング、菜食料理教室を開催。無農薬、有機の野菜にこだわり、ヘルシーなのにボリューム満点な料理は、女性のみならず男性にも好評です。

ヘルシーなのにボリューム満点!車麩カツ

【材料】2人分

・車麩・・2枚

(調味料)
・醤油・・大さじ1
・みりん(砂糖でも)・・大さじ1
・昆布だし・・150〜200cc
・すりおろし生姜・・1つまみ分くらい

(衣)
・小麦粉・・適量
・水・・適量
・パン粉・・適量

作り方
1. 車麩を水につけて柔らかくなるまで戻し、食べやすい大きさにカットします。

2. 水気を絞った車麩を醤油、昆布だし、すりおろし生姜につけ、味付けします。

3. 調味料をつけた車麩に水で溶いた小麦粉をくぐらせ、パン粉をつけます。

4. 180度の油で揚げます。お肉と違って、中の火の通りを気にしなくて良いので、衣がこんがり色づいたら完成です。

5.     お好みでごまだれやケチャップ、マスタードを付けても美味しいですよ。

まるでお肉のようなモッチリした食感が美味しいと評判の車麩ですが、和食にも洋食にもアレンジでき、お弁当のおかずにもぴったりです。

車麩のレシピいろいろ!
・下味をつけてカラッと揚げた車麩と、たっぷりの野菜を甘酢あんで絡め、酢豚風に。

・甘辛いタレに絡めて焼き、ごはんのおかずにもぴったりな照り焼き風に。

・油多めに焼いたナスと一緒に、醤油と砂糖で味付け、味を染み込ませてさっぱりと煮びたしにも。

手軽に作れて、お腹も心も満たされる「車麩カツ」ぜひご家庭でも作ってみてくださいね。

次回もお楽しみに!