自信をもって選択できた就活、軽やかな毎日へ

Group Lessonのメンバーは、学びをそれぞれの仕事やプライベートで実践中!
今回は、大学生の頃からGroup Lessonに通い始め、現在社会人1年目として日々奮闘しているみきなさんにインタビューしました!

みきなさん (写真左)  参加時期:2017年7月

大学時代には、海外の一人暮らしに挑戦したいという気持ちから1年間オーストラリアに留学。自らシェアハウス探しをするなど、アグレッシブに活動する。その後就職活動中にGroup Lessonに通い始める。初めは大手企業を受けつつも、合いそうという自分の感覚を信じてITのベンチャー企業に入社。現在社会人1年目。その仕事振りから、上司からは研修内容を1ヶ月前倒しして進めるなど評価を得ている。
 


インタビュアー:みき

審美歯科フランチャイズ企業のマーケティング業務に携わる社会人2年目。Group Lessonメンバー。

ざっくばらんに話してくれて、全力で応えようと誠実な印象を受けるみきなちゃん。インタビューの場もとても和やかになりました。社会人1年目として頑張る姿に、いつも元気をもらっています!

始めは自分を信じ切れなかった就職活動

留学していたって話を聞いたんだけど、Group Lessonに参加する前のみきなちゃんってどんな感じだった?

人と合わせるより、自分の好きなことをやりたいという気持ちがあって。留学も、短期で留学したり海外で一人旅をしたりしたときに長期で留学してみたい!という気持ちが強くなって1年間オーストラリアに行ったんです。

自分の知らないところに行って生活してみたかったし、海外の一人暮らしに挑戦してみたくて。それで大学提携ではなく個人で留学することにして、自分で掲示板からシェアハウスの家探しをしたりもしました。

すごい!アグレッシブだね。

でも、前は「私はこうしたい」とはっきり言えませんでした。大学でも周りに流されてというよりは自分が受けたいと思う講義を取っていたのですが、「私はこっちがいいかな」と弱弱しい感じでした。

大学時代のみきなちゃんの話を聞くと、就職活動も自分の行きたい道を行くってイメージだけど、どうだったのかな?

実は、好きなことをやりたいと感じていたのですが、表には出せなかったんです。うすうす自分には合わないと思いながら、それでも父に厳しく言われて、父の望む会社に行くしかないと思っていました。

ちょっとの失敗でも「お前はいつも失敗する」と言われたり、私の意見はくだらないという態度で話されたり、今思うとセルフイメージが下がっていました。

もしかしたらできるかも!自分を信じてみようと思った

それから自分のいきたい会社にいこうと思えたのはどうして?

Group Lessonの公開講座に参加して、自分はセルフイメージが低いと分かったんです。

公開講座ではGroup Lessonメンバーの早坂さんのトークライブがあったのですが、「私に出会えてよかったね!と思いながら営業をする」っていう考え方もあるんだと思いました。

それからだんだんと、「私に合う会社は大手じゃないかも」という自分を信じられるようになって。

そうしたときに、今の会社の人とは素直な自分で話すことができたんです。社長の考えにも共感できて、こういう人と一緒に働きたいと思って、内定を承諾しました。

父からは秋も就職活動しなさいと言われましたが、私は自分の選択を信じることにしました。

Group Lesson参加当初のみきなちゃん

いい情報をインプットし続けて毎日が軽やかに

Group Lessonのラジオを聴き込んだり、ブログを読み込んだりしていたって聞いたよ!

そうなんです!いい情報をインプットし続けようと思って。

入社直前は、実家からの引っ越しの梱包を外しながら講座の音声(※メンバー制勉強会のレクチャーは録音されていて、復習や欠席の時にも何度も聞けるようになっています)をずーっと聴いていました。聴きすぎて、夜寝る前に講師の小津さんの声がずっと耳に残っているほどでした(笑)

GLラジオも2~3回は聴いていたし、ブログ(Group LessonのWeb)が更新されたらその日のうちにすぐ読んでいました。

今までの自分が嫌で。もっと自由に自分の才能を信じたいって思ったんです。環境も生活も変わったことを機に、人間的に変わろう!自分が変わるしかない!って決意しました。

ここが変わったなって実感するところは?

毎日が軽やか!ちょっと落ち込んじゃってもストレスが溜まらないです。

全て自己責任で、自分の状態が変われば置かれている状況も変わるとGroup Lessonで学んで。この嫌な状況も自分次第で変えていけると思ったら悩まなくなりましたし、自分の状態を整えようと思ってからは余裕ができるようになりました。

あとは、すごく対人関係が楽になって。前は人が嫌いで、踏み込んできてほしくなくてシャッターを下ろしてしまったり、自分の話はつまらないから聞かない方がいいと思ったりしていました。

でも、今は自分が何か言うことによって相手にいい変化が起きるかもしれないと思えるようになって、心を開いて人と話せるようになっていきました。周りからも明るくなったねと言われます。

Group Lessonメンバーからも「人としての強さや人に対する愛情がどんどん増していっている感じがする」との声があるよ!

そうですね、ひとりひとりと向き合う真剣さが増したと思います。

幸せは一人ひとりとの間にあると知って、本当にそうだなと感じて。それから、しっかり相手と向き合おうと思ったんです。気にも留めていなかった人にも、希望や失敗や悩みがあって。だからちゃんと一人の人間として接していこうと決めました。

そうしたら新人研修中に「相手のことを考えて、話を聞き切ることができる人だよね」とフィードバックをもらえたり、「一番話を聞くのがうまいから相談したくなる」と同期に言ってもらえたりしました。

今、社会人1年目でこれからが楽しみなみきなちゃん。最後にこれからの意気込みを教えてください!

会社のことでもお客さんのことでも、こういうことはみきなさんに聞こうと思ってもらえて、どんなに忙しくてもちゃんと手をとめて話を聞く人になりたいです。それと周りを元気にできる人になりたいと思っています。

あとは、1年目ではやらない仕事にもどんどんチャレンジしてみたいです!

社長直下の新プロジェクトがあるのですが、今までだったら絶対無理だと思って尻込みしてしまっていました。でも、挑戦したらできるのではないか、やってみたいと思えるようになって。立候補して、チャレンジしてみたいと思っています!

みきなちゃんの前向きな姿勢に、私までパワーをもらえました。今日はありがとうございました!

~編集後記~
インタビューを通して、自分を信じて進んでいこうという想いが伝わりました。自分の可能性を信じたいという気持ちを持って実際に変わる決断をしたみきなちゃんを、私も見習いたいなと思いました。
また、人と真剣に関わろうとする姿も印象的でした。インタビュー当日も友達との予定の前に時間をつくってくれて、ちゃんと一人の人として受け止めているからこそ、周りの人は話してみたい、関わってみたいと思うんだなと感じました。そういう真剣さが周りと関係性を深める秘訣の一つなんだと感じました。

 

他のメンバー体験談は、こちらから

次回もおたのしみに!