メンバー体験談「参加するたびにもっとできるかも!という気持ちが大きくなっていった」

Group Lessonのメンバーは、学びをそれぞれの仕事やプライベートで実践中!

今回は、メンバー向け会報誌の企画「私とGroup Lesson」を再編集して、Group Lesson開始当初から参加する先輩メンバーの体験談をご紹介します。(2018年2月当時のインタビュー内容です)


沙弥子(さやこ)さん(写真右)参加時期:2011年6月

大手人材派遣会社勤務。現在は副部長。営業職として渋谷区エリアを9年間担当し、部内成約数2期連続トップ、部内MVPを獲得する。2016年は所属していたチームが関東MVP、2017年は全国MVPを受賞し、副リーダーとしてチームMVPの立役者となり活躍。プライベートでは5月にお子さんを出産。

 

インタビュアー:美樹(みき)
審美歯科フランチャイズ企業のマーケティング業務に携わる社会人2年目。
沙弥子さんには以前面談のスタッフを担当してもらっていました。明るくパワフルな姿に、いつも私までポジティブな気持ちになります!

頑張っているけど、結果に結びつかない日々

まずGroup Lessonに参加しようと思ったきっかけから教えてください。

その当時は、本当に仕事ができないと周りから思われていたと思います(笑)いつもお客さんからのクレーム処理に追われていたし、「申し訳ございません」ってペコペコ謝っていました。

謝ってるだけだから、その場しのぎの営業スタイルだったし、同期がだんだんリーダーに昇格していく中で私はなかなか昇格できず、同期の中でも遅いほう。「頑張ってるけど結果に結びついてない、できない奴」って感じでしたね。

もっとできるのにな~ってずっと思ってたけど、現実がそうじゃなくて。なんでなんだろう?って思いながら、土曜日も出勤する…みたいな日々。

そんな時に、大学の時から仲が良かった愛子ちゃんに「こんなところがあるよ」って誘ってもらって。その時はGroup Lessonって場はまだなくて渋谷のカフェで集まって話をする感じだったのですが、1~2時間話をしたり聞いただけで、「もっとできるかも!」とか「頑張れるかも!!」と思えて。参加するたびにそういう気持ちが大きくなっていった気がします。

本当は頑張りたかったから、その時間を通して「もっと出来るかも!」って思えるようになっていました。

今の活躍からは想像ができないです。Group Lessonに参加してみてどうでしたか?

みんなで一緒に学べたり、みんなの近況を聞きながら「こういうテーマで頑張ってるんだな、私も頑張ろう」って思えるのがすごく貴重だなって思いました。

当時は周りにいる友達や同期とそんな関係を築けてなくて、もっと頑張りたいし仕事もできるようになりたいって本当は思ってたけど、なかなか素直にそんな気持ちを話すこともできず、やる気のない自分や色んなことをしょうがなくやってる自分だったと思います。

でもそうじゃなくて、頑張りたい自分が出せて、一緒に頑張れる人がいるっていうのがすごく嬉しかったです。

相手が求めていることに集中する

その後、仕事でも変化があったり、営業としても大活躍したりするようになったのはなぜだと思いますか?

たくさんあるけどすぐ思い浮かぶことで言うと、前にGroup Lessonで自分の強みについて学ぶことがあったんだけど、私は年上の男性のお客さんと一番仲良くできるんじゃないか?っていうことに気づいて。

いろんなお客さんがいる中で、どの人にも同じように頑張るのではなく、自分が一番関係を作れるゾーンのお客さんに的を絞って頑張ってみたら、すごく効果が出た気がします。

とは、関わる相手が私にどんなことを望んでいて、どんなことをしたら喜んでもらえるかを考えて書き出して、そこでしっくり来たときにスムーズに力が発揮できるようになれてきたと思います。

一回、担当の派遣スタッフにクレームを受けたことがあって、その時もなんで怒られたのかを書き出してみたんです。そうすると、その人はすごくうちの会社に期待してくれてたからこそ怒ったんだなっていうのが分かって、だからこそ接し方を変えなきゃいけないと思えました。

相手も私もトラブルなく物事が進んでいった方がいいし、それに対して自分がどれだけ協力できるかとか、相手が懸念に思いそうなものを事前にどれだけつぶせるかを意識して営業するようにしています。

それと、自分がこれくらいの数字を出すのは当たり前と思って仕事していて、いつもこのくらいの結果を出すし、これくらいのスピード感をもって仕事するし、この案件には10分で回答する!みたいな自分の中でルールを作って仕事しています。

 

社内でも信頼してもらえることが増えたと思います。当時所属していたチームには、ママさんとか定時で帰らないといけない人とか、いろんな状況の人がいて。相手にとって「これをやられたら嫌だろうな」とか「ここまではやってほしいんだろうな」とか、相手が求めていることを意識して接するようにしていました。

それはGroup Lessonに通う前から心掛けてはいたけれど、それがどこか負担になってたり、嫌われたくないからっていう理由でやっていたところもありました。でも今ではそういう風に考えることはなくなって、これがスムーズに物事を進める方法なんだってことに気づいてからは、負担に思ったり我慢して選ぶことはなくなりました。 

周りのせいじゃなくて、自分の考え方次第!

自分自身で「ここが変わったな~」と思うところはどんなところですか?

自分の考え方の癖が知れたのが良かったと思っています。頑張って仕事しているけどクレームだらけでうまくいってなかった頃は、それが自分が起こしてることじゃなくて、周りが悪いからだと思ってたところもありました。

でも、自分がうまくいかないのは周りじゃなくて自分の考え方が違ってたせいだったんだ!っていうのを知れたことで仕事がうまくいくようにもなったので、それが一番変化したことかなって思います!

今でも人のせいにしちゃうときもあるけど、Group Lessonのメンバーと話す中で気づいて修正できることも多いので、頑張れる自分になるきっかけをもらえる時間があることが、すごくありがたいことだなって思います。

プライベートでも変化があったとか。

(去年結婚したのですが)旦那さんとはずっと一緒に仕事をしてきた関係で、仕事に対しての姿勢とか一生懸命頑張るところに惹かれてくれたみたいです。もし私が(当時のまま)文句ばっかり言いながら仕事してたら惹かれてなかったと思います(笑)ポジティブな感じがいい!って言われることもあって、よかったな~って思っています。


ポジティブでパワフルな沙弥子さん。お仕事でもプライベートでもうまくいく考え方のヒントがたくさんありましたね。

次回もおたのしみに!