ネガティブ思考から自信溢れる自分へ!GL若手メンバーインタビュー第2弾

Group Lesson若手メンバー企画第二弾!

今回は入社4か月で転職し、新しい環境でさらにパワーを発揮して活躍中の現在社会人4年目の千景(ちかげ)さんにインタビューを行いました。


千景さん(写真左)参加時期:2015年4月

現在社会人4年目。新卒で人材派遣会社へ入社したのち、さらに自分の可能性を発揮できる環境を求め、社会人4か月で人事業務アウトソーシング会社へ転職。クライアント先は従業員数4000名ほどの酒類販売会社で、人事業務に加え、様々な要望に柔軟に対応した幅広い業務をこなし、100名超えの新入社員の人事業務を任されるなどクライアント先からの信頼も厚い。昨年末には社内の成績優秀者に贈られる社長賞も受賞した。
Group Lessonは参加して4年目。過去最大規模で行われた昨年のクリスマスパーティーのドリンクチームの責任者を務めるなどスタッフとしても活躍している。


インタビュアー:舞(まい)

鉄道会社系列のショッピングモール開発企業に勤める社会人3年目。Group Lessonメンバー。


Group Lessonでの学びから自信に満ち溢れた自分へ

新しい環境で活躍する秘訣をお聞きしていきます。今日はよろしくお願いします♪

入社とともにGroup Lessonに通いはじめたんですよね。出会ったきっかけを教えてください。
 
もともと就職活動のときにGroup Lessonメンバーの真里さんの就活講座に通っていて、就職活動後に開催された「いのうえ塾」(※Group Lessonのエッセンスが学べる社会人準備講座)に参加したことがきっかけでした。
 
Group Lessonのエネルギーを実際に肌で感じてみて、なんか直感で人生を変えられる!って思って。場の暖かい感じとか、周りのスタッフさんの人柄とか優しさみたいなものが伝わって、私もぜひここに参加したい!と思いました。
 
実際にGroup Lessonで得られた変化って?
 
もともと自分に自信が持てなくて、褒められても相手の言うことを信じられなかったり、すごくネガティブな考え方をしていたんです。
 
基本的に過去の経験とか物事で判断してて、だから仕事で失敗しても「この自分だから失敗して当たり前だ」くらいに思っていて、そのネガティブな考えが現実になってと、負の連鎖が続いていました。
 
でもGroup Lessonで「未来が原因で今が結果。」という考えを学んだことがとても大きな気づきで、過去の自信のない自分ではなく、未来のなりたい自分だったら、今どんな行動をしたらいいかという基準に変わっていきました。

 

入社わずか4か月で転職を決意

入社とともにGroup Lessonに参加し、大きく環境が変わったと思いますが、どんな社会人生活だったんですか。
 
新卒で薬剤師を派遣する人材派遣会社に入社しました。やりたいこと重視で入った会社だったけど、いざ入ってみると、売り上げ重視の営業方法で、取引先に行っても話さえ聞いてもらえなくて。会社からも取引先からも誰からも必要とされなかったのがすごく辛かったんです。
 
Group Lessonで学び始めてから考え方の基準が変わったことで、もっと自信にあふれた新しい自分でさまざまなことにチャレンジできる環境で働きたいと思い、入社して4か月で今の会社に転職を決意しました。
 
自分の中で世間的には3年働かないといけないっていう囚われがあったけど、「どんどんチャレンジしたい」というワクワクした気持ちの方が強く、未来の自分ならどうするかという基準で決断できました。また、転職先の社長から直接「ぜひうちの会社で働いてほしい」と自分の可能性を信じてもらえる会社だと感じたことも転職を決意するきっかけとなりました。
 
Group Lessonで学んだ考え方の変化が転職活動にも活かされているんですね。
 
転職したばかりは漠然と不安だったけれど、 「この自分がやるからうまくいくに決まってる」と普段からプラスの声かけをするようにしていたんです。「やっと時代が追い付いてきた!」とか(笑)
 
そういう風にポジティブな自分でいることで、ミスしてしまっても「今はうまくいかなかったけど、次は大丈夫」と失敗している方をたまたまと思うようにしていたら、だんだんミスもなくなっていったり、どんどん現実が良くなっていきました。
 
通うまでは自分に自信がないからすごく暗かったんですが、最近ではなんだか明るいね、いいことあったの?って言われることも多く、雰囲気も変わりました。未来を作っているのは自分だから、今の自分が変わっていかないと、誰もやってくれないし、自分から力を出していくことが大事なんだなと思っています。
 

相手が求めているものって何?

社会人4か月で転職した千景さんですが、転職して大変だったことってありますか。
 
転職先は社員5~6名と少人数の会社だから、社内ミーティングでもみんなで意見を出し合うことも多いんだけど、転職してすぐは、自分の意思と社長や上司と意見が合わず、「なんでわかってくれないの?」と自分の考えを相手に押し付けてしまっていました。
 
でも、相手の求めているものって何なんだろうって考えてみたら、最終的な目標や会社を良くしていきたいっていう思いは一緒だっていうことに気づいて、そうしたら相手のことを自然と受け入れられるようになって。
 
社長も私の意見を聞いてくれるようになったり、自分の反応を変えたら、相手の反応が大きく変わりました。自分のベクトルではなくて相手のベクトルで考えるようになって、関係性も変わって楽しく仕事できるようになりました。
 

どんなに忙しくても相手のために

普段はクライアント先での業務にあたっている千景さん。仕事の進め方で大切にしていることってありますか?
 
クライアント先では毎月100人~300人のアルバイトの入社状況の管理などの人事業務を行っていますが、相手から頼まれた仕事は最優先に進めるようにしています。何か頼まれごとがあったら、パッと手を止めて、その人の話を聞いたり、相手の仕事がスムーズに行くように心掛けています。
 
例えば、社内ウェブサイトのページについて質問されたときには、自分で調べてすぐに見られるようにメールで送って相手の探す時間を省いてあげるようにしていました。相手は「今、私にこの業務をしてほしいと思ってるからその想いに応えたい」と思って、相手の負担をできるだけ減らしてあげられるように仕事を進めています。
 
その仕事ぶりが評価され、クライアント先からの仕事の依頼も大きく増えたとか。
 
現在では通常の人事のルーティン業務に加えて、採用説明会や社員総会で使用する動画制作なども手掛けるようになり、昨年と比較すると制作物の依頼数は3倍くらい増えていますね。
 
クライアント先からの依頼数に加え、仕事に対する姿勢やその進め方を自身の会社からも評価してもらっていて、昨年末には成績優秀者に贈られる社長賞も受賞しました。
 
相手がやってほしいことをすぐに提供することで信頼関係が築けてその場がスムーズに進んでいくし、逆に自分が相手に頼みごとをするときには、びっくりするくらい優先的に動いてくれるようになりました。
 
相手のために行動できるとクライアント先からも信頼して仕事を任されることも多くなりますよね。
 

さらにステップアップした自分で活躍していきたい

Group Lessonに通い始めて、考えを変えることで現実が変わっていくことを実現している千景さんですが、これからどんな風になっていきたいですか?
 
今年に入ってから、社長との関わり方がうまくいかないことが多くなり、壁にぶち当たってとても辛い時期が続いていました。辛いことから逃げて何もかもシャットアウトしている状況にずっとモヤモヤしていて。でもそれだとなにも変わらないし、ずっと平行線で、今までの自分の関わり方だとうまくいかないことが分かって。
 
この自分の関わり方だとうまくいかないなら、今の自分を壊して作り変えていこうと思って。ずっと辛いことから逃げてきたけど、きちんと過去の辛い自分と向き合ったときに、その自分を認めてあげることが出来て。「そういう自分もいるけど、なりたい自分だったら今のこの状況でどうしたら良いか」を突き詰めて考えていくと、もう一つ上のステージに上がれたような気がしています。
 
Group Lessonで学んだことを活かして、さらにひとつステップアップした自分で関わることで、自然と相手のことを受け入れられたり、相手が自分に向けて思っていることを感じ取ることが出来て、「相手が自分のことをこう思ってくれてるなら、もっと相手が良くなるようにいろいろやっちゃおうかな」って思うようになって(笑)
 
そこから社長との関わり方も大きく変わって、社長はこういうことを知りたがってるからこんな情報を与えたら良いかなとか、こんな資料を作ったら喜ぶかなと思って先回りして行動したりしていました。
 
ステップアップした自分で関わっていくことで、社長との関係性もぐぐっと良くなって、楽しく仕事できるようになっています。自分の成長の妨げになっているものと向き合うのは辛いと思うこともあったけれど、今では新しい自分を作っていけることにわくわくしているんです
 
Group Lessonに参加してから、何段階もステップアップして活躍しているんですね!たくさんの秘訣をお聞きできて楽しかったです♬

今日はありがとうございました!

 
「未来の自分ならどう行動するか」を考えていくことでどんな時でも変わっていけるという千景さん。さらにステップした新しい自分でどんどん良くなって活躍していきたいですね。

 

次回もお楽しみに!