忙しいあなたへ。それはそんなに大切なことですか?

4月から早1ヶ月が経とうとしています。忙しい日々に振り回されて過ごしてしまってはいませんか?

今回のテーマは、日常を過ごすうえで大切となる「自分への問いかけ」についてメンバー向けの会報誌2014年10月号に掲載した Group Lesson主宰・小津さんのコラムをこの時期にもう一度読んでおきたい記事として再編集してお届けします。

小津 剛さん メンバー制勉強会Group Lesson主宰。早稲田大学在学中から参加していた人材研修ベンチャー企業で20代を過ごし、メンタルセミナー講師500回以上、合宿研修でのべ4000人以上の指導、20代前半までの女性を中心としたメンタルマネージメントの個別カウンセリングでのべ15,000人以上と面談、スタッフ育成プログラムの専属コーチとして300人以上の大学生を継続指導。
その圧倒的な経験をもとに、独立後はマンツーマンのメンタルコーチ、向上心のある女性中心にパーソナルコーチングを提供。2011年からメンバー制女性勉強会『Group Lesson』を主宰。ほぼ一般公開せずに紹介や口コミでのべ5400名以上が参加、20代30代の働く女性を中心に、大きな支持を集めている。

それをやる意義を深く認識する

「それはそんなに大切なことなのか?」

これは大切な問いかけだと思う。自分自身に対してもそうだし、あなたにもきっとそうだ。今僕は僕なりに考えて大切だと思うことにエネルギーを集中している。

「大切なポイントにエネルギーを集中すること」の実践は、僕がクライアントさんに常日頃からいっていることですから、自分で実践しようとするのは当たり前です。

ほとんどのまじめな大人は(つまりたぶんあなたも)、自分が意義を感じることにはかなり頑張って取り組めるし、場合によっては本気にもなれると思う。

だから、まともな大人が仕事に本気になれず、ストレスばかりの日々を送っているならば、何か基本的な領域に重大な初期設定の間違いがあるのかもしれない。というかある。

がんばることよりも、「これは今の自分に意義がある」と深く認識して、それをやる理由について深く訳を分かっておくことのほうが大切ということだ。

これは、僕たちの用語では【認識が行動に優先する】というかっこいい呼び方をする。当たり前ですね。状況への理解の深さによって最初のー歩目から行動の質や方向性が変わるから。実際はすごく無駄なことをたくさんしているはずです。それに気がつかないままで。

10年後の自分のために、今日何をするべきか?

でもそれ以上に大切なことは、「今のあなたに本当は何が大切なのかを見極めること」だと思う。

あなたはそれができてますか?

  • 一生懸命会社へ行っているけど、疲れ果てて夢も希望もない
  • 社長が必死にやってきたけど、社員がみんな逃げ出して倒産した
  • 教育ママを頑張ったけど子供の心は凍りついたまま
  • さんざん働いたあげくお父さんの心が病んでしまった

・・・本当にたどり着きたい場所とは、なぜか逆走しながら、その走りを必死に頑張っている人は少なくない。

だから、「それはそんなに大切なことなのか?」です。

 

僕が何年か前に買った数多くの本は、ほとんどは深くは読まずに終わった。その中のある一冊の、ある一行だけは「超使える!」と思い、僕も使っているし、クライアントさんや勉強会のメンバーにもオススメしてきました。

それを今日はシェアしたい。

 

10年後の自分のために、今日何をするべきか?

 

この自分への問いかけです。な一んだ、と思ってはいけない。

 

これを毎日朝(あるいは昼、夜と)自分に問いかけている人は、おそらく3ヶ月以内には人生が変わり始めるはずだ(実際にそういうクライアントさんもいる)。

何にエネルギーをフォーカスしているかが、あなたの未来

多くの20~30代女性は時間の流れを考慮して生きているけど、その情報処理のあまりの多さにうんざりしている。

だから結構浅いところで放り出したり、(面倒なので)それまでの人生のモノサシを未来に適用して終わりにしている。そして当然、その多くが後々にそういった日々のことを悔やんだりする。

 

今日、あなたがエネルギーを何にフォーカスしているかがあなたの未来ですよね。ひどい場合は過去のマイナスにいつも意識を向けてる人さえいます。あなたの思考、意識は強烈なパワーがあるので、あなたが普段考えていることがあなたの未来です。

 

そして「今」とらわれているとあまり成長しない。自分の可能性を引き出すより、現在に最適化していくのが人の習性です。だからこそ、自分自身に未来への時間軸をいつも思い出させる習慣を身につけたほうがいい。その際、自分への問いかけは超有効です。

 

簡単な言葉だけど、自分自身の未来のために手帳にでも書いて毎日自分に問いかけてみたらいかがでしょうか?具体的なことは考えなくても、あなたの無意識がきっといろいろ動いていきます。そのうちに行動の質やエネルギー出力が変化して、状況そのものが動いていきます。

 

まとめ

・10年後の自分のために、今日何をするべきか?


忙しい日常から、10年後の自分にとって大切なことは何かを見極め、それにフォーカスして行動していきたいですね。