新しい環境でも活躍する秘訣とは?GL若手メンバーインタビュー第一弾!

4月に入り、入社や転職、異動など今までの環境から大きく変わる人も多い季節。

今回はGroup Lessonの学びを活かし活躍している先輩へのインタビュー企画第一弾!
専門知識が求められる職場で知識ゼロの状態から、現在ではプロジェクトマネージャーを任されるなど大活躍のあかりさんに秘訣を聞いて来ました。



あかりさん(写真右)参加時期:2015年4月

中央大学卒業後、チームで一つのことをやり遂げる自分の強みを活かせると感じ、システムエンジニアとしてITシステム系会社に就職し、現在社会人4年目。
文系出身ながらも、さまざまな顧客のニーズに合わせたシステム開発を行い、社会人3年目にはチーム全体の統括を行うプロジェクトマネージャーチームに選ばれるなど活躍の場を広げている。
Group Lessonは社会人になると同時に通い始め、昨年最大規模で開催されたクリスマスパーティーでは100名をゆうに超える料理の責任者を任されるなど、スタッフとして講座運営にも携わっている。


インタビュアー:舞(まい)

鉄道会社系列のショッピングモール開発企業に勤める社会人3年目。Group Lessonメンバー。


マイナスの状況から始まった社会人生活

今日は新生活をスタートさせる方に向けて新しい環境で活躍する秘訣をお聞きしていきます♪あかりさんの新社会人はどんな感じでスタートしましたか?

もともとシステムエンジニアを目指していたわけではなくて。チームで仕事を進めていくところに自分の強みが活かせると思ったのと、文系でもできるという触れ込みから入社を決めたんだけど、入社後の新人研修では、システムに関する専門的な知識ばかりを扱っていて…。「あ〜入る会社失敗した!」とマイナスの状況からスタートした社会人生活だったんです。文系出身で実は今でも機械音痴だったり(笑)

就職と同時にGroup Lessonに通い始めて、参加直後からすぐに役に立っている実感を得られたとか。

専門知識ばかりの研修が本当にわからなすぎてとても辛くて…。でも就職とともに参加したGroup Lessonの講義を聞いて、「何のために研修をしてるのか」改めてその目的について考えてみたら、新人の私たちにたくさん知識を知ってもらうための研修だと考え方が変わって、辛いと感じていた研修も楽しく過ごすことができるようになりました。

あと、研修の内容が分からない自分を知られることが恥ずかしくて同期にも質問できなかったんです。でも未来の自分から考えるという視点をGroup Lessonで学んで、「様々な知識を持っているいまの自分だったらどう行動するか?」と基準を変えたら気軽に質問できるようになり、同期にも「明るくなったね」と言われて。

入社して約数カ月でGroup Lessonに参加した恩恵を受けて、社会人って楽しいんだ!と感じられた出来事でした。

Group Lesson参加当時のあかりさん。

「つい教えたくなる後輩」を徹底してやる

そのあと、配属された部署で意識してたことってありますか?

現在の部署に配属されて、ワードもエクセルもまともに使えないし、システムの設計図なんかもちろん読めなくて、こんな何もできない自分が何のためにいるのか分からくなっちゃってたんです。
そんな中でも少しずつ自分でもできる仕事を見つけていくうちに、新人の私にもできることがあることに気づいて「つい教えたくなる後輩」を意識して行動していきました!

例えば、上司が読みやすいように資料をファイリングしたり、不要になった段ボールをまとめて捨てたりとか、とにかく手が空いたらどんなことでも進んで行動していました。

質問の聞き方も人によって聞いてほしいタイミングがあったりするから、直接聞く方が良いのか、メールで聞くのが良いのかだったり、相手が求めるやり方を細かいところまで研究して、その人に合わせたやり方を徹底していました。

配属直後は知識も経験もなかったんだけど、「つい教えたくなる後輩」を徹底して行動したことで、周りとの関係性を良くなっていったのを実感しました。自分がピンチの時に助けてもらえたり、状況がどんどん良くなっていきました!

どんなに小さい仕事でも丁寧に。

相手が求めることを提供することで、状況がどんどんよくなっていったんですね。
他に仕事で壁にぶつかりそうな時に大切にしていたことってありますか?

配属されてから少しずつ仕事を任せてもらえるようになったとき、Group Lessonで「視点を上げる」ことを学んで、それがすごく印象に残っていました。

例えば、取引先への説明資料を作成している時、単調な作業で正直楽しくないなと思っていて。自分が作成したの資料を使う上司のことを考えてみたり、取引先の方が今よりもっと楽に仕事を進めることができると考えてみると、自然と楽しくなりました。どんなことも視点を上げていくことで、仕事の大小に関わらず楽しみながら仕事ができるようになりました。

他には、ある案件を任されていたとき、一度ミスをしてまったことがあって。
そのときは、「この段階でAとBの選択を間違えてしまったので、ミスが起こってしまいました。」ときちんと原因を分析して、次のミスを起こさないように改善点について上司に明言するようにしていました。

失敗を落ち込んだり誰かのせいにしたり、感情的にならず、客観的に対応することで、また同じミスを繰り返すこともなく、上司からも信頼してもらえるようになりました!