勉強会ランチの人気メニュー「ベジタコライス」レシピ紹介!

Group Lessonの講座で毎回メンバーが手作りしているランチメニュー。そのレシピをご紹介!
彩りや栄養バランスも考えられたヘルシーメニューで、オリエンタル精進料理にも対応しています。

★オリエンタル精進料理とは?
お肉やお魚といった動物性食材と、五葷(ごくん)と呼ばれる「ネギ・にんにく・にら・らっきょう・あさつき」といった体に刺激が強いとされている野菜を一切使わない料理のこと。

今回は、「ベジタコライス」のレシピをご紹介します。
野菜たっぷりで栄養も食べ応えも満点!お腹も心も満たされます。

今回も、菜食料理教室「美菜食」を主宰している、Group Lessonメンバー・佐藤美菜子さんが監修してくれました!

佐藤美菜子さん
【プロフィール】
日本でも有数のマクロビオティック料理スクールでのアシスタントを経験後、菜食料理教室「美菜食」をスタート。都内の某有名飲食商業施設のフードアレンジ、企業のレシピ開発、企業やイベントへのケータリング、菜食料理教室を開催。無農薬、有機の野菜にこだわり、ヘルシーなのにボリューム満点な料理は、女性のみならず男性にも好評です。

簡単なのにボリューム満点!ベジタコライス

【材料】2人分

・大豆ミート(ミンチタイプのもの)・・50g(乾燥状態)
・トマト缶(ダイスカットのもの)・・ 200g
・セロリ・・5センチくらい
・にんじん ・・5センチくらい
・きのこ(お好みのもの)・・手のひらにのるくらい
・ご飯・・お好みの量

(調味料)
・醤油・・大さじ1
・甜菜糖・・大さじ1
・ウスターソース※・・大さじ1/2
・ケチャップ※・・大さじ1〜2
※Group Lessonでは、五葷抜きの調味料を使用しています。
・チリパウダー(あればお好みで)・・小さじ1

(トッピング)お好みで!
・アボカド
・トマト
・レタス
・タコスチップス

大豆ミート、五葷抜きの調味料は、自然食品店やインターネットなどで簡単に購入できます。

作り方
1. ご飯を炊いておきます。
  大豆ミートはお湯でもどした後、数回もみ洗いし、水気をよく絞ります。

2. セロリ、にんじん、きのこをみじん切りにします。

3. フライパンに油をひいて、大豆ミートとセロリ、にんじん、きのこを加えて軽く炒めます。

4. 調味料をすべて加え、よく和えます。
  トマト缶をいれて、水分がなくなるまで弱火で炒めていきます。

5. 炊きあがったご飯をお皿に盛り、炒めた具材をのせます。
  お好みで、アボカド、トマト、レタス、タコスチップスをトッピングして完成です!


美味しく仕上げるポイント

・大豆ミートの水気はしっかりしぼりましょう。

・タコスミートは水気が飛んでポロポロになるまでしっかり炒めましょう。
 油を多めに使うと炒めやすくなります。

・トッピングの野菜と混ぜて食べるので、タコスミートは濃い目の味付けがちょうどよいです。

・タコスチップスは食べる直前にのせましょう。
 全て混ぜて食べることで、ザクザクとした食感も楽しめます。

一品で沢山の野菜が採れる栄養満点なメニューです。
みんなでワイワイ食べれるので、ホームパーティーにおススメです。

簡単に作れてお腹も心も満たされる「ベジタコライス」。
材料は自然食品店やインターネットなどで手に入れられるので、ぜひ作ってみてください!

これからもGroup Lessonこだわりのヘルシーメニューをご紹介していきます。
次はどんなレシピでしょうか?どうぞお楽しみに!

過去のレシピ紹介はこちら

第1弾「大豆ミートの唐揚げ」