「時間がない!」と言う人は成長が止まる?

「年度末に向けて、仕事が増えてきた…」という人もいるのではないでしょうか。

そんな時期にぜひ読みたいテーマ、「時間」についてのコラムです。仕事やプライベートにおいて、どんどん成長し活躍していける人と、そうでない人の考え方の違いは何なのでしょう?一度立ち止まって、日常の意識について考え直すヒントになるかもしれません。
2013年4月号に掲載した Group Lesson主宰・小津さんのコラムを再編集してお届けします。

小津 剛さん メンバー制勉強会Group Lesson主宰。早稲田大学在学中から参加していた人材研修ベンチャー企業で20代を過ごし、メンタルセミナー講師500回以上、合宿研修でのべ4000人以上の指導、20代前半までの女性を中心としたメンタルマネージメントの個別カウンセリングでのべ15,000人以上と面談、スタッフ育成プログラムの専属コーチとして300人以上の大学生を継続指導。
その圧倒的な経験をもとに、独立後はマンツーマンのメンタルコーチ、向上心のある女性中心にパーソナルコーチングを提供。2011年からメンバー制女性勉強会『Group Lesson』を主宰。ほぼ一般公開せずに紹介や口コミでのべ5400名以上が参加、20代30代の働く女性を中心に、大きな支持を集めている。

時間は意識であり、優先順位

もし、あなたが何かのせいにすると、あなたの人生の成長は止まるかもしれません。実は脳の構造上、それは仕方のないことです。

だから、明らかに不可能そうなことにも「○○だから無理だろう」・・・と、うかつに言わない方がいいかもしれません。

集中力は、状況認識力で変化する

『100パーセント自分の責任』という話があります。ご存知かもしれませんが、まず簡単に説明します。

これは「100パーセント自己責任と自分に設定すると、あなたの見える世界が変わる」という話です。意外と忘れられていることですが、あなたの責任と、自由(または権限)はセットです。

たとえば、
「親のせいです。」
「環境のせいです。」
「会社のせいです。」
「彼氏のせいです。」

と、あなたが誰かのせいにするならば、現実問題として、あなたはその影響下にいることになります

つまり、責任は誰かにあるのだから「私には変化する必要がない」と主張していること。悪いのは相手だから、向こうが変わるべきだ!と。

もちろんそれでは、成長しない人になってしまいます。

だから、基本方針として、状況がどうであっても「責任は自分にある」と自分に宣言する

まずあなたがそう決めることで、あなたは変化するしかなくなります。そして、違う次元の成長がはじまります。

、、、これが『100パーセント自分の責任』の話です。

実は時間も同じ

「私は忙しいからできない」と言うこと、ありますよね?あるいは思ったり。その瞬間に何かが決まってしまうのです。

その瞬間、実はあなたの脳に制限が生まれる

あなたの脳は、そういった瞬間に「できない」という理由を全力で探し始め、「できない」ことを必ず証明します。

つまり、「私の能力や考え方には、問題ない」とあなたは言っていることになる。「できない理由は、私に時間がないからだ!」と。

自分のキャパシティを疑わなくなったら成長できません

「あなたの時間のキャパシティ」は無限に拡大する(はず)

あなたの考え方が、限界を決めてしまうという構造です。今のあなたよりも質も量も忙しい人はどれくらいいますか?

、、、おそらく、世界で10万人はいるのではないか?そう考えることで道がひらけます。たとえば、あなたの会社より、圧倒的に生産性の高いチームはどれだけあるのか?

あなたが「時間がない」と考えた瞬間、成長が止まる

だから、あなたは絶対に「時間がない」と言ってはいけないのです。

時間がないという前に、意識を疑ってみる

アメリカのNASAで、月面着陸のアポロ計画を実行する際、大統領が(政治的理由で)宣言したゴールの日程では不可能なくらいのこともたくさんあったようです。その際、できない言いわけばかりを見つけてくる人はどんなに優秀でもいらないわけです。

まず、できることに決めた意識が必要なのです。

意識の高さが方法を生み出す(=時間が生まれる)。

優先順位を疑う、集中力を疑う、取り組み方を疑う、意識の高さを疑う・・・そのようにして、低い意識の自分にはなかったはずの時間が発生してきます。

ほとんどの人は、時間に追われている

固定観念に縛られて、檻の中であくせくしている状態です。

時間とは、意識であり、集中力であり、優先順位

だからこそ、「今のあなたの1000倍の生産性」という概念が持ち込めるのが時間です。力仕事では、そうはいきません。

お金や、仕事、あらゆることに応用できる

たとえば勉強やトレーニングといったことも、暇なときにやるものではないでしょう。当の本人には、「現状をなんとかしたい」という、ある種の切実な問題解決意欲・成長欲求・美意識があります。

その意識が本人をドライブしていく。実際には、他人が見たら「恵まれているなあ」と感じる状況の人も多いのです。でも、本人の意識では状況に満足できないということです。

だから、時間の流れは「問題意識の高さ」でまったく変わってくる

『人生への参加の理由』の認識の深さが、圧倒的な差を生むのです。

まとめ

・100%自己責任

・時間が無いと考えた瞬間成長がとまる

・時間の流れは「問題意識の高さ」で変わってくる

 


いかがでしょうか?時間、自分のキャパシティ、お金、、、考え方を変えて、どんどん成長していける自分になっていきたいですね!