恋愛にはセルフイメージが重要!その関係とは?

編集部がメンバー向け会報誌から、ぜひもう一度読みたい記事を再編集!

5年間手作りで発行されてきた会報誌の中から選んだ今回のテーマは、20~30代の女性にとって話題に挙がることも多い「恋愛」。2013年7月号に掲載した Group Lesson主宰・小津さんのコラムをお届けします。

小津さん メンバー制勉強会Group Lesson主宰。早稲田大学在学中から参加していた人材研修ベンチャー企業で20代を過ごし、メンタルセミナー講師500回以上、合宿研修でのべ4000人以上の指導、20代前半までの女性を中心としたメンタルマネージメントの個別カウンセリングでのべ15,000人以上と面談、スタッフ育成プログラムの専属コーチとして300人以上の大学生を継続指導。
その圧倒的な経験をもとに、独立後はマンツーマンのメンタルコーチ、向上心のある女性中心にパーソナルコーチングを提供。2011年からメンバー制女性勉強会『Group Lesson』を主宰。ほぼ一般公開せずに紹介や口コミでのべ5400名以上が参加、20代30代の働く女性を中心に、大きな支持を集めている。

恋愛とセルフイメージ

人生とは、セルフイメージ(=自分自身に対する自分の意見)が実現していくものです。もし、あなたのセルフイメージが、望む未来と違うものならば、まずセルフイメージを修正しなければなりません。特に恋愛は、仕事と同じく根深くその影響が出てくるものです。

日頃私は、スターバックスとかのカフェで、クライアントさんと話しています。マンツーマンのパーソナル(コーチング)セッションです。そこでは様々なテーマを扱います。

なかでも、「恋愛、男性との関係性」は良くあるテーマの一つ。

現在(2013年7月当時)、僕のクライアントさんは、20代後半から30代前半の女性がほとんどです。当然、恋愛を中心とした人間関係のテーマは、とても重みがある。

恋愛をテーマにしたときに、クライアントさんと良く話すのが、お互いがどんな未来を共有できているか(したいか)?これは特に結婚されている場合は極めて重要です。

それと同じくらい良く話すテーマが、本日のテーマでもある 「セルフイメージの低さと男性との関係」

ちなみに、20代後半の女性のクライアントさんに多い傾向として、価値観に自信がもてないことや、セルフイメージの低さがあります。つまり、日常のサイクルを回すことは問題ないが、革新的な重要な決定ができないということです。

20代後半から30代前半の女性といえば、色々な意味でひとつひとつの判断、選択が重要です。

男性は、「30代で勝負するぜ」的な余裕がある人が多い気もします。当たり前ですが、女性でそう考えている人は少数です。

女性の恋愛では「セルフイメージ」が極めて重要です。女性の側のセルフイメージが低いと、あんまりいい恋愛はできません。説明すると長くなるので詳細は省略しますけど、とにかくダメ。(「母親」のケースもでもそうですね)

望ましいのは、男性が女性のセルフイメージを高めていける存在であること。低いセルフイメージで生きてきた女性も、もしそんな存在の男性と生活すれば、人生が大きく展開していくかもしれません。ある意味、出口のない自信のない人生の物語にあらわれる「王子様」のようなケースだってあるのです。

だから、「女性が本当に大切にしている価値観」を一緒に大切にできる男性でないと、結構難しい。

残念ながら、女性の低いセルフイメージにつけ込んでくるような 男性もいます。(もちろん、その男性のセルフイメージが低いから)

女性の側のセルフイメージが低いと、そんな関係でさえ「自分が悪いのか?」となってしまい、どんどん輝きを失っていくケースも多い。

だから、恋愛に動きがあるときに、あなたのセルフイメージが高いのか低いのか?それは決定的に大切です。

女性のセルフイメージが低い時に出会った男性は、 女性が成長しない時にはバランスを取れています。

だけど、女性の側が何かのきっかけで、「成長しよう!」となると問題が生じることがあります。つまり、女性がセルフイメージを本来の高さに修正しようとしたときにあの手この手で邪魔をしようとする、というのはよくある話。(応援できればいいのにね・・・)

自信がない女性が、その手の男性に引っ掛かって結局変われない・・・ということも多いのです。

実際に僕のクライアントさんでも、こういったケースはよくあります。(もちろん、それまでよりもっといい関係を築いていくクライアントさんも多いし、ぼく自身がより良い関係のために、 男性の味方につくことだって少なくありません。)

僕らの勉強会に来る女性は、もともとが成長したいという波動の女性が来ます。

つまり自分に期待している人たちが来る。

だから、パートナーの人と一緒に、お互いが成長しながらより良い関係をつくれたらいいですね。いずれにせよ、なんかうまくいかないという人には、基本構造が間違っていることが多い。

まじめな女性は、不当にセルフイメージが低い傾向があります。セルフイメージが実現していくのだから、それは大変な問題です。

望む未来をかなえていくプロセスでは、セルフイメージの修正は最初のステップなのです。日々のエネルギーから、出会いまで、いろんなことが変わり始めます。

まとめ

・望む未来をかなえていくプロセスでは、セルフイメージの修正は最初のステップです

・セルフイメージが低いままの女性の恋愛は相手次第では女性の輝きを奪っていくこともある

・まじめな女性は、不当にセルフイメージが低い傾向がある

いい恋愛をするうえで大切なセルフイメージ。修正して、望む未来をかなえていきたいですね。