Xmas Party座談会~脱線してすごい話のオンパレード~第1回

Group Lessonで6回目の開催となったXmas Party。2012年から毎年恒例のイベントとなり、参加できるのはメンバーのご家族やお友達などご縁のある方のみ。それでも3年目には参加者が100名を超え、年々パワーアップ していって2017年は過去最大の参加者数で盛り上がりました。

今回は、Xmas Party運営責任者の友希(ゆうき)ちゃんと、マーケティングチームとして企画の最前線で準備を進めながらそれぞれが多くのお友達やお知り合いをご招待していた真里ちゃん・望美ちゃん・祐里子ちゃん、そしてGroup Lesson運営スタッフの香織ちゃんが集まり座談会を行いました。

Xmas Partyの話はもちろん、脱線して、日常の仕事で圧倒的に活躍し続けるメンバーたちの活躍の秘訣についてやいま改めて感じているGroup Lessonの魅力についても話が及びましたよ。いろんなエッセンスが詰まった内容になっていますので、ぜひお楽しみくださいね。
(この記事はメンバー向け会報誌 2018年1月号の特集企画として、2017年12月末に行われた座談会の内容を再編集しています)

座談会メンバーの紹介

真里
慶應大学在学中から学生キャリア支援に関わり、これまで東証一部上場会社2社で過去5000名以上の学生の選考に立会い、のべ300名以上の若手社員の研修を担当。26歳で独立。女子就活生専門のキャリアアドバイザーとして過去6年間で500名以上に就職支援を行う。全国の学校での講演や、複数の企業の採用や教育のコンサルタントとしても携わる。2013年には書籍「就活迷宮から抜け出すトビラ」(TAC出版)を出版、その他に「敬語・マナー」(新聞ダイジェスト社)など。雑誌 「Ray」就活特集、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」などメディアにも多数出演。
望美
大学卒業後、新卒で最大手住宅メーカーに入社。通常は2ヶ月で1件受注するのに苦労する数千万円の受注を、入社11ヶ月目から継続して毎月1棟以上達成し続ける。その後大手生命保険会社に転職。営業活動の初月から営業所のメンバー200名中で、クライアントが契約した保障額で1位達成。2年目には社長賞を受賞。営業開始以来継続して数ヶ月先までのノルマを達成し続ける。2013年からGroup Lessonに参加し続け、営業のスタンスが変化した結果、契約や新規顧客を紹介してもらうことを意識しなくても、ますます仕事が向こうからやってくるようになる。2017年も営業所約300人中1位を獲得。表彰の常連として社内でも有名。
友希
国際基督教大学出身。某出版社や損保会社など内定を複数獲得した中から都内有名私立大学を選び、入職。現在4年目で、外部機関(文部科学省など省庁関係や新聞社などの民間企業)から寄せられる大学の教育に関する調査の回答や、会議関係の運営を担当。1年目から採用関係業務も任され、200~300名ほどの就職活動生に対して先輩職員として講演したり、採用面接にも携わっている。大学4年目の春休みにGroup Lesson Cafeに参加し、ここなら自分の力を発揮できるヒントがわかりそう!と直感的に感じてGroup Lessonに参加。2017年末、6回目の開催となったXmas Partyでは、2年連続で運営責任者を務めた。
祐里子
中央大学卒業後、大手人材サービス企業に入社。求人広告の営業職として、社員数1500名超の大企業の中で2年目で社内では異例のスピードでチーフ職に抜擢、自身の営業目標をもちながら数名のチームのマネジメントを任される。2016年夏からGroup Lessonに通い始めたことでチームメンバーとの関係が良くなり、同年の年末には全国約80チームのうち、3ヶ月間のチーム売上額1位を達成、さらに部下が個人成績で全国1位となるまでに成長。社内での評価も厚く、働き方についての社内プロジェクトで東日本エリアのリーダーに抜擢される。2017年もチーム売上や紹介数の他、顧客満足度など主要項目で全て全国1位を獲得するなど、継続して圧倒的な結果を出し続けている。
香織

インタビュアーは香織がつとめます


第1回 大切な人と大事な空間で過ごすひとときは…


香織  今日はXmasの座談会ということで集まっていただきました。

一同  よろしくお願いしま〜す♫

香織  内容としては、友希ちゃんは2年連続で全体責任者を務めて、真里ちゃんと望美ちゃんと祐里子ちゃんはマーケティングチームとして企画の最前線でメンバーと関わっていたりXmas Party当日もたくさんのお友達をご招待していたので、そんなメンバーだからこそ話せるXmas Partyの振り返りや、それを通して感じたことを話せたら良いなと思っているよ!

一同  は〜い♫

香織  真里ちゃんは普段からGroup Lesson全体のマーケティングにも関わってくれているので、2017年を振り返ってどうだったかとか、2018年に向けてどうして行きたいかとか、その辺の話も聞いても良いかな?

真里  もちろん!

全国1位が続々と!

香織  まずは年末でもあるので(座談会は2017年12月28日に行われました)、2017年どうでしたか〜?ってところから聞いても良いでしょうか。望美ちゃんはこの前会社で表彰される機会があったんだよね?

望美  うん。一昨日かな?営業年間トップ5の表彰があって。

香織  トップだったんだよね!それもすごいけど、望美ちゃんの数字が2位の人の数字の2倍近くだったって聞いたよ。

真里  かっこいい〜!望美ちゃんって楽しそうだよね、いつも。軽やかで朗らかだし、こういう人に会いたいよな〜って思う。

望美  そっか(笑)

香織  会いたい人でいる、っていうのは大事かもしれないね。

祐里子  営業なのに、売っている感が全くなさそう!お客さんも、ただ望美ちゃんに会いたくて楽しいからいる!みたいな。

香織  祐里子ちゃんも今年はいろいろあったよね。

祐里子  今年は結婚が大きな節目で。結婚式も大切な人たちがたくさん来てくれて、その人たちが繋がっている感じもして本当に幸せすぎました!職場で唯一ご招待した先輩がいるんですけど、会社の全社員向けに、普段私がどういう風に仕事をしているのかムービーで紹介される機会があったんです。そのときに私のお客さんが撮影に協力してくれて、私についていろいろ喋ってくれたんですが、その先輩が「きっともっと想いがあるはず」と思っていたみたいで。そのお客さんに電話していろいろ聞いてくれたんです!そのお客さんが私に手紙を書いてくれて、結婚式でそれを先輩が読んでくれた、っていうシーンもあって。それがすごく嬉しかった!

望美  良いね〜!祐里子ちゃん、確か仕事のほうでも全国1位だったんだよね?

祐里子  はい。チームで、お客さまからご紹介いただいた数が1位でした。でも実は、「結果満足度」「営業満足度」と「再度頼みたいか」「他の人に勧めたいか」っていう指標で、大きく4つ項目があるんですけど、最終的にその4つとも1位だったんです。

一同  それはすごい!!

祐里子  チームのメンバーみんながそれが出来てたんだなって思ったら、ちょっと嬉しかったです。

望美  ちょっと(笑)

祐里子  選ばれて当たり前だし、選ばれない営業が近くにいたら嫌だなって思って…。「1位が嬉しい」っていう状態よりは、そうじゃなかったとき、例えば「満足度が低い」ってなったら、何が起きたんだろう、何か要因があるはずだ!って思うので、そこに基準があるのかなって感じます。

一同  う〜ん。(深い頷き)

望美  確かにGroup Lessonで学んだことを日常で生かしていたら活躍するだろうし、営業だったら数字が出て当たり前でしょ!ってところはある。

真里  うん。頭角を現して当たり前、っていうのはいつも(Group Lesson主宰の)小津さんが言っているけど、本当にそうだな〜と思う。メンバーの中でも、望美ちゃんや祐里子ちゃんみたいにすでにそうなっている人もいるけど、もっとそれがスタンダードになって良いよね!

 

大事な人と大事な空間で

香織  Xmas Partyが終わってそれぞれ感じていることもあると思うので、さっそく聞いていきたいと思います!真里ちゃんはマーケティング責任者でもあったし、たくさんのお友達を招待していたよね。どうでしたか?

真里  Group LessonのXmas Partyって毎回メンバーの招待制で、1人1人が大事に思っているご家族やお友達に声かけして、相手もそのメンバーと一緒に時間を過ごしたいと思って来てくれているよね。それが集まって出来ているからこそ、今年も本当に素敵で良い空間ができたなって思う。そんな大事な人たち同士の場所が(今年で6年目になるけど)どんどん大きくなってるのがすごいな〜とも感じたよ!

真里  あとは、今回私がお誘いして来てくれた人たちって今年1年で縁があった人も多くて、これまでの自分と違う行動をしていたから私と出会ったわけで。その人がいろいろ求めてこの1年行動した結果、年末の「ご褒美」じゃないけど、Xmasで一緒に楽しい時間を過ごせたり、その場所に集まれたね!って体験になってたら良いな。

香織  望美ちゃんもたくさんの友達や知り合いが参加していたけど、その方たちもご自身のお友達と一緒に参加していたよね。

望美  うん。Xmasっていうせっかくの1年に1回しかない機会に、ご縁がある人とその人の大事な人が一緒に、他にはない大事にされているその空間で、幸せで素敵な良い時間を過ごせると良いなって思って。結果的に1人で参加した人もいたけれど、「一緒に行きたい!って思い浮かぶ人いる?」って聞いたら「最近会えていないけど、思い浮かぶ人がいます」って言っていて。それで久しぶりに連絡を取ったり会うきっかけになったり、いろんな会話が生まれたらいいね!って話をしたりしたよ。Xmas Partyをきっかけにお友達と久しぶりにやりとりが始まったって話はメンバーの中でもよく聞くけれど、それと同じだって思うな。

望美  群馬から3年連続でPartyに来てくれている60代の方がいるのだけど、今回20代のお友達を連れて来てくれて。その子は遅れて来て1時間ぐらいしかいられなかったんだけど、Group Lessonのいろんなメンバーと話していたり、たくさん写真にも写ってもらって…最後の方に来たのに一番ってくらい写真に映ってた(笑)

真里  そうなんだ!てっきり最初からいらしていたのかと思ってた。すごく雰囲気に馴染んでいたというか、楽しそうに過ごしてくれていた印象がある。

望美  うん、きっと楽しんでくれていたはず♫もともとどんな内容かあまり知らされてなかったみたいなんだけど、言葉で説明しなくても実際に場に来て触れたら分かるし、何より大切な人の大切な人だから、ぜひ招待したいなと思ったよ。

祐里子  私は、あの空間にいることで、来てくれた友達とかの中に何かが流れたんだなっていうのを、すごく実感しました。来てくれた人たちの中に、本当にあたたかいものが流れていて、その人たち同士の関わりの中で新しいものが生まれそうな感じもして…。よりGroup Lessonの場所の大切さを感じて、大切だからこそ、その価値をもっと高めていきたいし、そこに流れるものを、届く人にすーって届けていきたいです!

次回は、Xmas Partyの準備期間中にみんなが感じた「その人がもともと持つパワーってすごい!」というお話や全体責任者だった友希ちゃんの意識していたポイントをお届けします。お楽しみに!

(つづきます)

□□□□ TOPへ第2回へ